« 宇宙戦略室を新設へ=来春の発足目指す―政府 | トップページ | 長谷川裕一『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』第2話(ガンダムエース) »

2011/12/25

今日の読了本『野を馳せる風のごとく』

・花田 一三六『野を馳せる風のごとく』
『帝国暦十年――。自国が滅亡し、帝都カルディアに落ち着いていた元大公国の世子・ダリウスは、ひとりの少女と出会う。「強い人を探している」という彼女、ガルア国の皇女フィアナもまた、侵略により亡国の身分だった。侵略者に一矢報いてやりたい――その一途な志に打たれたダリウスは、腹心のキルスやラザークらとともに起ちあがる。空前絶後、わずか五人による一国の奪還は成るのか。超戦士ダリウスの獅子奮迅の活躍を描く傑作長編!! 』

 戦塵外史シリーズ完結記念でシリーズを読み返そうかと思ったら、角川スニーカー文庫版の最初の一巻しか見つからなかったでゴザルの巻。さて、他の巻はどこに埋もれてるんだろうなぁ。

 わずか五人で一国を奪還せよ!
 破天荒な亡国の王子が仲間とともに無茶な喧嘩に挑む。爽快なファンタジー戦記。

|

« 宇宙戦略室を新設へ=来春の発足目指す―政府 | トップページ | 長谷川裕一『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』第2話(ガンダムエース) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/53570739

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『野を馳せる風のごとく』:

« 宇宙戦略室を新設へ=来春の発足目指す―政府 | トップページ | 長谷川裕一『機動戦士クロスボーンガンダム・ゴースト』第2話(ガンダムエース) »