« 「ひゃっほー!」スノーボードして遊ぶカラスがいた | トップページ | 「不確定性原理」の例外を実証=量子物理学の根幹の一つ »

2012/01/15

今日の読了本『残された人びと』

・アレグザンダー・ケイ『残された人びと』

……ぼくはもしかしてとんでもないレベルの原作レイプに遭遇していたのではあるまいか。これがあの『未来少年コナン』の原作だとは!!
 アニメのイメージで読み始めたのですが、登場人物の名前と最初の立ち位置以外はほとんど別物。人間力バンザイとか科学に頼りすぎるのはイカンねとか、そういったメインテーマは外していないのだけれど、逆に言うとそれ以外の部分が捏造レベルで違っていてビックリですよ。オープニングフェイズ以外のほとんどが宮崎駿のオリジナル作品で、アレグザンダー・ケイは殴りに行ってもいい。
……まあ、どちらが面白いかというと、無論アニメ版な訳ですがね。

|

« 「ひゃっほー!」スノーボードして遊ぶカラスがいた | トップページ | 「不確定性原理」の例外を実証=量子物理学の根幹の一つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/53747193

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『残された人びと』:

« 「ひゃっほー!」スノーボードして遊ぶカラスがいた | トップページ | 「不確定性原理」の例外を実証=量子物理学の根幹の一つ »