« ピングーの「遊星からの物体X」 | トップページ | 消える?「うるう秒」 自転とのズレ、帳尻合わせ40年 »

2012/01/10

今日の読了本『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』

・スコット・ウエスターフェルド『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』
『1914年、ヨーロッパではふたつの勢力が括抗していた。遺伝子操作された動物を基盤とする、英国などの〈ダーウィニスト〉と、蒸気機関やディーゼル駆動の機械文明を発達させたドイツら〈クランカー〉。両者の対立は深まり、オーストリア大公夫妻の暗殺につながった……。両親を殺した一派に追われる公子アレックと、空への憧れから男装し英国海軍航空隊に志願した少女デリン。ふたりの運命は、やがて巨大飛行獣リヴァイアサンで邂逅する! 奇妙なテクノロジーが彩る第一次大戦下の世界で、少年と少女の成長と絆を描く、ローカス賞受賞の冒険スチームパンク三部作、開幕篇』

 遺伝子操作された生物を操る英国と機械文明で製造された巨大なマシーンを用いるドイツ。陰謀からの逃避行を続けるオーストリア大公の息子と男装してイギリス海軍航空隊に入った飛行少女。
 我々の世界とは大きく異なっているけれど奇妙に一致する第一次世界大戦のヨーロッパ。そこで出会った敵対勢力に属するはずの二人の少年少女。その出会いは彼らの世界を大きく変化させ、もしかするともっと大きな世界も変えてしまうのかもしれない。
 スチームパンク一次大戦で貴種流離譚で男装少女でボーイミーツガールとか盛りだくさんすぎるだろう!だが、その盛りだくさんにまったく無駄がない!詰め込まれた全てが魅力的に料理されています。しかも、これだけ詰め込んでもまだ、この巻は導入編だからおとなしめだけどこの先にはもっとすごいものを隠してあるんだろう!次の巻のお楽しみのためにとってあるんだろう!と確信させる世界の奥行きの広さ!
 少年少女の冒険物語も魅力的ですが、この世界自体もステキに魅力的ですよ。

 だがしかし、唯一つ“バーキング・スパイダーズ!”なのは、こんなに魅力的な作品が、あんなにも興味を引く続き方をしたというのに2巻が読めるのが6月だということだ!ぼくは!ぼくらは!早く続きが読みたいのだ!!

|

« ピングーの「遊星からの物体X」 | トップページ | 消える?「うるう秒」 自転とのズレ、帳尻合わせ40年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/53707827

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『リヴァイアサン クジラと蒸気機関』:

« ピングーの「遊星からの物体X」 | トップページ | 消える?「うるう秒」 自転とのズレ、帳尻合わせ40年 »