« 今日の読了本『午後からはワニ日和』 | トップページ | 二足歩行ロボが階段を登ることに成功 »

2012/04/19

今日の読了本『かつらをかぶった雀蜂』

・ルイス・キャロル、マーチン・ガードナー『かつらをかぶった雀蜂』
 『鏡の国のアリス』の初期原稿には存在したが、挿絵を担当したジョン・テニエルの提案により正式発売版では削除されたパート『かつらをかぶった雀蜂』のほか、このパートに関するマーチン・ガードナーの解説、ルイス・キャロルの未発表スケッチなどが収録された一冊。キャロルのファンにはお勧め。

 『かつらをかぶった雀蜂』は本来「白の騎士」と「女王アリス」の間に挿入されるはずだったシーン。アリスと雀蜂の老人との対話を描きます。これ一本を単独で読むと悪くない会話劇なのですが、『鏡の国』本編にこれが入ってくると、他の章とノリが違いすぎてすわりが悪いですね。

「ああ、わが老骨の身よ!わが老骨の身よ!」

|

« 今日の読了本『午後からはワニ日和』 | トップページ | 二足歩行ロボが階段を登ることに成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/54514409

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『かつらをかぶった雀蜂』:

« 今日の読了本『午後からはワニ日和』 | トップページ | 二足歩行ロボが階段を登ることに成功 »