« 大阪市消防局の新戦力 | トップページ | 『アイアン・スカイ』9月に日本公開 »

2012/04/07

1万年以上前のマンモス、ヒトが解体処理か 死骸に痕跡

http://www.cnn.co.jp/fringe/30006151.html?ref=ng

>1万年以上前のシベリアに生息していたマンモスの死骸に、
>ヒトが解体処理したとみられる痕跡が残っていた。

 つまり、“あの”輪切り肉として料理したということですね。分かります。

>死骸は2~3歳のマンモスのものとみられ、シベリアの低温のため、
>体の柔軟な組織を保った状態で保存されていた。

>体内の臓器、脊椎骨、肋骨と周辺の筋肉などの主要部位と
>脚の上部の肉はヒトの手で取り去られたとみられる。
>しかしそれ以外の部位は手付かずのまま残っていた。

 切り離しやすい部位ということかな?
 狩りに参加した人数が少なかったか、もしくは被害が大きすぎて獲物を運搬できなかったと予想。

|

« 大阪市消防局の新戦力 | トップページ | 『アイアン・スカイ』9月に日本公開 »

コメント

実は古代のキャトルミューティレーションの痕跡。

投稿: kioka | 2012/04/08 02:07

>肋骨と周辺の筋肉

三枚肉、いわゆるカルビですね

投稿: おぞん | 2012/04/11 01:36

・kiokaさん
つまり『さよならダイノサウルス』ということですねっ!

・おぞんさん
なにそれ超食べたい!
……象って食用としてはどうなのかしら?

投稿: Johnny-T | 2012/04/14 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/54416107

この記事へのトラックバック一覧です: 1万年以上前のマンモス、ヒトが解体処理か 死骸に痕跡:

« 大阪市消防局の新戦力 | トップページ | 『アイアン・スカイ』9月に日本公開 »