« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/30

春画に全裸が少ないのはどうしてか?

http://www.news-postseven.com/archives/20120529_111211.html

>春画に全裸のセックスシーンが少ないのは意外だが、カラクリがある。

>「春画は女性ファンが多いうえ、江戸みやげの定番。版元が呉服屋と
>タイアップして、登場人物に最新モードを着せました。だから脱がない」

>春画にはファッション雑誌やカタログの役目もあったのだ――。

 なるほど、意外だけど納得。
 ぼくはてっきりみんな着衣フェチだからなのだと思ってましたよ。なんといっても現代日本人のご先祖で、平安日本人の末裔だもんな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日のGoogleトップ画像

http://www.google.co.jp/

 ソウルジェム(まどかマギカ)の日かと思いますた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/29

今日の物欲

久しぶりにトイザらスに行ったら、

120529

 1/18~1/24くらいのヘリ(アパッチ)や戦車や戦闘機(F-22)や空母(これは1/144くらい)といった大型ヴィーグルのセールをやっていて非常に悩ましい。
 この棚いっぱいのサイズで1300~1700円というのはかなりお得だけれど……欲しいが!場所が!

  空母に描かれたマーキングの数字が「88」なんだよなー。しかも、ついこの間プラッツから1/144のエリア88シリーズが発売されると聞いたばかりなわけで……。 甲板にエリ8機体を並べてぇ!アスラン奪還仕様にしてぇ!
 だが、この空母のサイズがむちゃくちゃでかいんだよなぁ。船体が約1メートル。どこに置くっていうのさ!?
 ああっ、悩ましい!悩ましい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライヴ

公式サイト

 疾走する純愛――

 福島に『ドライヴ』が来ていて、しかも上映期間は金曜までと聞いて、あわてて見に行ってきましたよ。
 昼はカースタントマン、夜は犯罪者相手の逃がし屋という二重生活を行う主人公を描いたクライムムービー。
 先の読めないスリリングな展開も、銃を持たず車で戦う主人公のアクションも素晴らしいですが、何よりも、近づいては離れ、離れてはまた近づく二人の男女の心の距離感の描写が絶妙でした。

 あと、ロン・パールマンがすげぇ印象的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

今週の週間少年ジャンプ

 めだかボックスを読んで応石ルール(蓬莱学園)を思い出した人は挙手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

今日の読了本『撃墜王』

・P・クロステルマン『撃墜王』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のコンベンション

 先月に引き続きTRPGサークル福楽会さんのコンベに行ってきました。
 本日の参加卓は『アルシャードff(フォルテッシモ)』。セカンドエディッションへのシステムバージョンアップ前の最後のプレイ。
 宿願であったゾンバルト将軍の部下プレイを果たすことができたので、もうffに思い残すことはありません。
 次回も参加できるようなら、GMとして『サタスペ』か『クトゥルフ』の卓を立てたいな。

 あと、せっかく郡山まで行ったのでついでにヨドバシカメラで買い物。キーボード&マウスとかダナジン(エレキングカラーかゴモラカラーにリペイント予定)とかアンキロサウルス(↓ 造形:荒木一成)とか。

120527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のリファ

 『インディアスの破壊 お前ら人間じゃねぇ

……見事な内容の要約だ。
 新大陸を訪れたスペイン人による原住民のインディオ達に対する非道の行為をスペイン国王に訴えるために書かれた報告書である、『インディアスの破壊についての簡潔な報告』(ラス・カサス)については、それに対する反論を収録した『未知の戦士とのたたかい』(マチューカ)とあわせてレポートを書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/26

もりもり

引用元:掃き溜めさん

> 396 名前:名無し三等兵 投稿日:2012/05/21(月) 20:47:40.84 ???
> http://i602.photobucket.com/albums/tt104/vor033/US%20-%20Army%20-%204/24b7246e.jpg
> http://i602.photobucket.com/albums/tt104/vor033/US%20-%20Army%20-%204/b15eae61.jpg
> 米軍なんかもう盛り過ぎ
> 
> http://i602.photobucket.com/albums/tt104/vor033/Estonia/c0f31133.jpg
> エストニア軍も森過ぎ

 たしかにこれは森過ぎだー!先頭車両がモコモコな犬の顔みたいに見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/25

最初の四足動物は歩けなかった

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120524002&expand

>最初期の陸上四肢動物の1種、イクチオステガ(Ichthyostega)は、
>歩くことができなかったようだと、3Dモデルを使った最新の研究が示唆している

>さらに分析してみると、イクチオステガの前肢の動きは非常に限定されており、
>背骨も曲がりにくいらしいことがわかった。後肢は、体を前に進める四足歩行の
>役には立っていなかったことも推測された。

>イクチオステガは、歩くのではなく、前肢を前後に「漕いで」いた可能性が高いと、
>ピアース氏らは結論づけた。ムツゴロウが短い胸びれで泥の中を滑って移動する
>のに近い。

>アーンペリ氏は、イクチオステガの後半身がほとんど何もしていなかったという
>見解には異論を唱える。

>「そこには多くの筋肉が付いていたと考えられる。骨盤も(とくに魚と比べると)
>非常に大きく、何か大切な働きをしていたに違いない。そうでなければここに
>あるはずがない。進化上のコストが大きすぎる」とアーンベリ氏は指摘する。

>しかしピアース氏の研究チームは、後肢と骨盤は、どちらかというと泳いだり
>漕いだりするために使われたと主張する。イクチオステガの主な移動方法は、
>そのようなものだったと考えているのだ。一方アーンペリ氏は、「賭けてもいいが、
>イクチオステガの固い背骨からすると、泳ぐと奇妙な姿になったはずだ。お風呂に
>浮かべるゼンマイの魚のおもちゃのような感じだ」と話す。

…………(想像中)…………

 つまりイクチオステガはウオディックであったというわけですねっ!!
 そうか、古代の地球にはすでにゾイドが生息していたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/24

久正人『エリア51』(@バンチ7月号)

 連載再会、新展開!
 今回の舞台はグリムの森の白雪姫の砦。
 白雪姫&禿頭のブリンナー率いる“なにかありそな”ワイルド7人の小人&王子様&侍女が立てこもる砦で起こった奇怪な殺人事件!容疑をかけられたマッコイは疑いを晴らすことができるのか!?
……の前にとりあえず死ぬ気で逃げろ!!

 第一話以来久々に九十九神の壺さんも再登場ですよ。
 ミ=ゴの盾を持ったフルプレートにランダルスタイルの騎士殿がカッコイイな!マッコイにひどい目に合わされたけど。

 あと、忘れそうなのでメモ。食卓に古きもののシュガーポット(?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸上自衛隊高等工科学校に入るとザクになれる

http://www.gizmodo.jp/2012/05/post_10376.html
ネタ元:泡沫の日々@はてなさん

 おお、DD(ダイレクト・ドライブ)ザクよ……。

120524

(C)安永航一郎『実録ジオン体育大学』/『ガンダムジェネレーション』2号掲載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国でパラシュート無しのスカイダイビングに成功、世界初

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2879779/8991941?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read

>731メートル上空のヘリコプターから約1万8000個の段ボール箱でできた
>「滑走路」を目指し、決死の覚悟で飛び降りた。

>時速約130キロにも達する速度で急降下したコネリーさんは着陸地点への
>着地に見事成功したが、見物人はその後の数分間、段ボールの山から
>コネリーさんが顔を出すのを息を飲んで待つこととなった。

>コネリーさんは、この挑戦は「ものすごく素晴らしい」体験だったと語った。
>スカイニューズ(Sky News)に「本当に正直に言うと、奇妙な空間にいる気分だ。
>何が起こったかがまだよく飲み込めていないのだと思う」と話した。
>「(着地は)とても快適でソフトだった。計算通りに行って嬉しい」

 ええと、すごいことをやってのけて浮かれる気持ちはわかりますが……

>一方、妻のビビアン(Vivienne)さんは「全て終わって安心している」と短く語った。

 いいからとにかく今すぐに奥さんに謝れ!平謝りに謝れ!致命的なものが爆発する前に!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/05/23

「X─Men」のヒーローが同性婚へ、最新号でプロポーズ

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE84M00R20120523

>男性ミュータント「ノーススター」がボーイフレンドに結婚を申し込むと
>明らかにした。同コミックで同性婚が描かれるのは初めて。

>最新作は23日発売の「アストニッシング X─Men」の第50号。
>この中で、高速飛行ができるノーススターことジャン・ポール・
>バービアーが、長年のボーイフレンドであるカイル・ジナドゥに
>プロポーズするという。

 あれ、ボビー(アイスマン)への愛はもう冷めたの?
……と思ったけれど、よく考えたらそれもすでに10年も前のエピソードでありましたか。
 最近のXファミリーってどうなってるのかな?(情弱)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながらガンダムユニコの4巻を見ました。

 やたらカッコ強いバイアランさんや、バナージくんの好感の持てる正統派主人公っぷりも印象的でしたが……

「頭のアレがブーメランってのは無理がね?」
「インテークかハイドロジェット用の取水口あたりなら無理がないんじゃないか」
「いっそ展開式のクローにするのはどうだろう」

……みたいなリアル志向派のこの30年間の妄想努力を一瞬で吹き飛ばすゾゴックブーメランのインパクト!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/22

踊るメイドロボットを作ってみた


ネタ元:とんがりさんの日記

 すごいな、これは!
 スムーズな動きといい、これだけ動き回っても倒れない重心移動といい、素晴らしいクオリティ。
 これ、部品自体は市販のパーツで作成されてるんだよなぁ。
 ロボっ娘な未来は近いのか!?期待しちゃうぞ未来!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライアーソフト・ファンクラブ会報『月刊うそ。』41号&新作案内『平グモちゃん』

公式サイト

・蒼天スチームパンカーズ!!(蒼天のセレナリア)
 新連載?連載だといいな!の護国卿さんが描く1pコミック。
 抜け毛の季節のプセール(猫人)シェラとコニーママの苦闘。なんという天国で地獄っ!!

・鳥さんといっしょ(ANGEL BULLET)
 なにこのちっちゃかわいい生物!?
 しかし、今の鳥さんがこんな無垢な笑顔で踊っている様を想像すると……。

・マスクドシャンハイ
「火をつけろー」
 ねぇ!ちょっと!なんでお天気仙人がゲーム本編に登場してねぇの!?こんなかわいいのに!!
……そうか、これがバグというものか。
【違います】

・九星時報(屋上の百合霊さん)
 新連載の百合霊さんコラム。第一回は至福の私服祭りだ!!
 イマドキ女の子ファッションの阿野ちゃんに、学校にいるときよりもゆる目に縛った後ろ髪の美紀さん(縦じま上半身で、一瞬はだYを幻視しました。懺悔しないでもない)に、ぶかぶか長袖パーカーでねむねむの音七っちに、ガーリー美夕さん。あとゴスとジャージ。
 みんな可愛いぞッ!


○新作情報:嘘屋第31弾『平グモちゃん 戦国下克上物語』
 時は戦国、愛と勇気の下克上絵巻!!

 というわけで、少女たちの瑞々しい青春日記『屋上の百合霊さん』に続く新作は、日本三大梟雄の一人、戦国武将・松永久秀を主人公に据えた下克上ADV。 そのヒロインは、茶釜・古天明平蜘蛛をモチーフとした平グモちゃん!
……相変わらずエロゲ界のエッヂを突き進むメーカーだぜ。そんなところを愛してる!
 ファンクラブ通販特典は「平グモちゃんペーパークラフト」&おまけデータもあるかもだ。これまた楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

人形遊び+技術力で理系女子を育てるおもちゃ「Roominate」

http://gigazine.net/news/20120520-roominate/
ネタ元:武装神姫スレ

 部屋の枠組みを作ったり、そこに家具を自由に配置したりというところまでは普通の子供向けドールハウスですが、それに加えて簡単な電気回路をつなげることでテレビやライト、扇風機といった家電を操作することができます。
 なるほどこれは面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リドリー・スコット監督が、『ブレードランナー』の続編は女性を主人公にすることを明かす!

http://www.cinematoday.jp/page/N0042262

 初期の報告には小説『ブレラン2・3』の映画化みたいな話もありましたが、結局、完全新作になるのかな?
 まあ、きちんと製作が進行しているのなら完成作品を(おおむね楽しみにしながら)待つだけなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/20

これは宇宙基地?ドバイでFFに出てきそうな21階建の海底ホテル建設が計画中!

http://blog.esuteru.com/archives/6223270.html
ネタ元:泡沫の日々@はてなさん

120520a

 ああ、わかります。これを積み重ねて多重積層型蒸気機関都市インガノック(↓)を建設するんですね。完全に一致です。

120520c

 完成したら喜んで移住しますよ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/19

今日の読了本『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』『シノビガミ弐 刃魔激突』

・河嶋陶一朗『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』
        『シノビガミ弐 刃魔激突』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨匠リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』続編にオリジナル版脚本家が参加決定

http://www.cinematoday.jp/page/N0042237

 いつになったら始動するんだかさっぱりわからない続編のブレドランさんの続報。

>巨匠リドリー・スコット監督の出世作『ブレードランナー』続編の
>脚本家として、オリジナル版と同じくハンプトン・ファンチャーが
>プロジェクトに参加することになった

 正直、オリジナルメンバーでどうこうとか言われると、また完全版とかディレクターズカットとかでバージョン違いがいくつも出るのかよという気分になってちょっともにょる。

>1982年に公開された映画『ブレードランナー』は、SF作家
>フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を
>原作にした作品。スコット監督が作り出した、牧歌的とは程遠い、
>暗く冷たい独特の近未来世界はSFファンの間で大いに話題になった。

 まあ、封切り2週間で上映打ち切りになったんだけどな。

>今回スコット監督の旧友であるハンプトンが前作に続きペンを
>執ることになったのは、ファンにとって朗報であろう

 いや、でもその人の脚本って結局そのまま使われないで別の人(デイヴィッド・ピープルス)にリライトされてるじゃん。映画の印象的なシーン(ネタ的な意味を含めて)の中でファンチャー脚本から採用されてるのって冒頭のフォークト=カンプフ検査シーンくらいじゃん。
参考:ブレードランナー ファンチャー版未使用シナリオRoom 101

……っていうか、周りの声を聞く分には新作に期待されてるのって「二つで十分ですよ」系トンチキ部分だけのような気がしないでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/18

映画『アイアン・スカイ』オフィシャル特報

公式サイト

 月からナチスが地球襲来!

 第二次世界大戦での敗北の後、月面へと逃亡していたナチスドイツの残党が戦力を蓄え地球全土に逆襲を仕掛ける!
 そんな素敵トンチキな映画がついに日本公開ですよ!正直、問答無用でビデオスルーだと思ってた!

 ああ、9月が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/17

名古屋市でATが暴走!?

……そうか、それで愛知県は交通事故が多いのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/15

人間のお尻そっくりなロボット「SHIRI」

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1205/14/news033.html

 一方、そのころ電気通信大学ではリアルなお尻シミュレーターを製作していた。
 これはこれですごいものなんですよ。

>SHIRIは、筋肉の見た目、触感の変化によって感情を表す尻型ヒューマノイド。
>ウレタンで作った人間大の腰のモデルに、Gluteus Maximus Actuator
>(GMA:大臀筋アクチュエータ)をつけ、シリコンスキンで覆っている。
>GMAは圧力をコントロールさせることで、筋肉の自然な変化や触感を再現する。
>SHIRIは、人間に触られたり、なでられたり、叩かれたりすると内蔵マイクで
>それを検知し、人工筋肉による「Tension(張り詰める)」「Twitch (ピクッと動く)」
>「Protrusion(突き出す)」などの動きで「感情」を表すという。

 将来の義肢やロボット製作の鍵となる重要な研究です。
……ビジュアルが危険な事態だけどな!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日本で開発された4メートルの巨大ロボットに世界が大興奮!

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1712341.html
作者ブログ:なんでも作るよ。
ネタ元:STAR LIGHT PARADEさん

 ああっ!あなたはマツモト14号さんっ!?
 1/1タコの作者さんの新作ロボットはガチ可動ロボだった!!すごいなぁ。素晴らしいなぁ。
 マスタースレイヴ方式は正式採用しないのか。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

都道府県の平均バストサイズを表した日本地図

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1336726609029.html
拡大マップ

……なるほど!
 おれ、埼玉に引っ越すわ。

 しかし、このマップって"平均バストサイズ"なのよね?一番多いカップサイズではないのよね?
 つまり埼玉のAにしても岐阜と京都のEにしても、より小さい人、より大きい人を含めてのこの結果ということですよ。どれだけ薄いんだよ埼玉!どれだけでかいんだよ岐阜&京都!
 実に興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/13

今日の読了本『デュラララ!!×11』

・成田 良悟『デュラララ!!×11』
 ん、惜しいなぁ。
 盛大に話が広がってきて、期待が高まってきて……面白いし、続きが気になるのけれど、完全につなぎの巻。どのシーンも「続く!」の引きで終わっていて一冊としての締めがないから……なんというか、文字通り締まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人『ノブナガン』(アーススター誌6月号)

 第一小隊のピンチは続く!
 ジェロニモかっけぇ!ガウディすげぇ!
 移動系能力ということは、スーホはやっぱり“白い馬”なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県立美術館『五味太郎作品展 絵本の時間』

公式サイト

 ゴールデンウィークから県立美術館で五味太郎の原画展を開催中だったなんて、つい昨日まで知りませんでしたよ!?しかも終了日は20日だとぅ?
 というわけであわてて行ってきました、『五味太郎作品展』。
 その400作品を超える絵本の中から、 「みんなうんち」「みんながおしえてくれました」「ことわざ絵本」「がいこつさん」「かかかかか」「ねえ おはなししてよ」「ぽぽぽぽぽぽ」「あそぼうよ」「ももたろう」「まどから おくりもの」などの原画と、それらの作品についての五味太郎本人のコメントなどが展示されています。
 懐かしく思いながら鑑賞してきました。子供のころ五味作品にお世話になった人にはお勧め。

 会場内には展示されているものを含めた五味太郎作品を読むことのできるスペースもあるので、久しぶりに読みふけってしまいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

今日の読了本『シノビガミ参 るつぼ奇譚』『シノビガミ死 棄神宮殿』

・河嶋陶一朗『シノビガミ参 るつぼ奇譚』
        『シノビガミ死 棄神宮殿』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイタンの逆襲

公式サイト

 んー、リメイクということで内容にいろいろ縛りがあった前作『タイタンの戦い』に比べると、最初からアクションまたアクションでよかったのだけれど、その分メリハリがなくて……正直眠りそうになった。
 クリーチャーやダンジョンは良かったんだけどね。

 あ、ブーボーは前作よりもクローズアップされてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/11

今日の読了本『メグとセロンVII 婚約者は突然に』

・時雨沢恵一『メグとセロンVII 婚約者は突然に』

 セロンがキスされまくりでメグが怒りに燃えたり、メグの婚約者とセロンの婚約者が登場したりする「大変なこと」満載のメグセロ完結編。
 収まるべきものが収まるべきところに収まった良い最終巻でした。

……いや、その過程は波乱万丈でしたけどね。
 いやもうタイトルがこういう意味だったとは思いませんでしたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/10

ライアーソフト『屋上の百合霊さん』その3

 ゆりとぴあ!

120510_2

 全シナリオ読了。本編クリア後ボーナスのアナザーシナリオがこんなにたくさんあるとはうれしい大誤算です。軽いおまけ程度のものかと思ってた。

 百合とかエロゲとか関係無しに、本当によい青春物語でありました。好きなゲームだらけの嘘屋ゲーの中でもかなり上位に入るお気に入りっぷりですよ。何がこんなに気に入ったのかしら?

 振り返ってみるに、人間関係が主人公と各カップルの間だけで閉じていないのが好きだったんだな。ただ多人数がそこにいるのではなく、群像劇として、間に人を挟んでいたり、軽い顔見知り程度でしかなくとも、決して無関係ではないそれぞれのつながりを丁寧に描いていたのが良かった。
 半年の間の、1年生ーズの互いの呼び方の変化とかに気がつくと頬が緩まずにいられない。
 だから、3年生"4"人の学校探索「学び舎」や、1・2年生が自然に集まってなんとなく話を始める「これから」などのカップル間にまたがる話は特に気に入っています。
 
 楽しい、いいゲームでした。ああ、もっと色々語りたい。語るぞ!もう何回か読む返してから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tentacle Bento

http://www.kickstarter.com/projects/1189988320/tentacle-bento-by-soda-pop-miniatures

 アメリカ製カードゲームの宣伝ムービー。
 このいい感じにアタマの悪いコンセプトは大昔の翔企画とかホビージャパンとかのカードゲーム(こーゆーの↓)のノリですね。
……いったいどこから蛸足なんてトンチキワードを拾ってきたのさ?

120510

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/09

ライアーソフト『屋上の百合霊さん』その2

 メインシナリオ読了。ああ、よい物語を読んだ。
 しかし、お楽しみはまだ終わらないぞ!本編クリア後にはアナザーシナリオが解放。本編の隙間を埋める、あの人の秘密のがんばりや、あっちのあの人とこっちのこの人の交流の話がたくさん!たくさん!
 しかも、メインシナリオの前回プレイ時に選ばなかった選択肢をプレイすることでどんどん新しいシナリオが解放されていくうれしい仕様。
 どれだけおれの睡眠を妨害すれば気が済むんだっ!このヤロウ!ありがとうっ!!

……ああ、ほほえましいなぁ。かわいいなぁ。ぴょんとかニャンとか言い出すし!
 ゲーム起動時のボイスメッセージもクリア後バージョンになるのね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプライトとゼビウスのコラボバージョンの「ゼビウス」を限定公開中

http://c.cocacola.co.jp/si_sprite/game_add_ranking/index.htm?id=ag

 うは、懐かしい!

120509a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かいじゅうたちのいるところ」の絵本作家モーリス・センダック氏が死去

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000003-flix-movi

 おお、「かいじゅうたちのいるところ」は大好きでした。
 ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/08

恐竜のゲップが地球を温暖化した?

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120508002&expand

>恐竜の体内から発生するガスが、古代の地球の温暖化を進めていた
>かもしれないという研究が発表された。

>ディプロドクスやアパトサウルスなど、竜脚類と呼ばれる1億5000万年前に
>生息していた巨大な草食恐竜は、反芻(はんすう)を行っていた。つまり、
>消化のプロセスで大量のメタンガスを発生させていたということだ。
>メタンは二酸化炭素以上に熱を捉える温室効果が高い。

>世界気象機関(WMO)によると、ウシ、ヤギ、ヒツジ、キリンなど反芻動物が
>年間に排出するメタンの量は、現在5000万~1億トンに達し、地球温暖化に
>影響を及ぼしているという。これは、年間に大気中に排出されるメタンの
>総量5億~6億トンの中でもかなりの部分を占める。総排出量の大半は
>人間の活動によるものだ。

 マジかッ!?ゲップの力すげぇ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/07

ライアーソフト『屋上の百合霊さん』

公式サイト

……始めました。(色々積みっ放しの嘘屋棚から目をそらしながら)

 久しぶりに、面白くてクリックする手が止まらない感覚を味わっております。
 タイトルの通り、百合をメインテーマに持ってきたゲームです。しかしながら、同じメーカー、同じテーマの『サフィズムの舷窓』とはうってかわって、不条理度低めの、恋に思い悩む少女たちを正面から描いた青春物語。がんばる女の子たちを応援せずにはいられない。
 いや、序盤から「幽霊ではなく百合霊だー!」とか「百合の理想郷ユリトピアをつくりましょう!」とか言い出したときには、ああ今回はバカのほうの嘘屋(※)なんだなと誤解しかけましたが。
(※:無論バカはバカでよいものである)

 ゲームの進行とともに視点が増えていき、時系列を前後しながら様々な視点から出来事を眺めることのできるスケジュール帳システムがシンプルながら楽しいです。この先どうなるのか、あの時彼女たちはどうしていたのか、ワクワクしながらカレンダーをクリック&クリック!ああ、手が止まらない!

 ところで、おれ、このゲームをクリアしたらフォント選択で「クトゥルフフォント」を選ぶんだ!
【最悪だ!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米海軍のステルス軍艦が競売に、ただし「解体して資材にする」が条件

http://www.cnn.co.jp/fringe/30006468.html

>冷戦時代に建造された米海軍のステルス実験艦「シーシャドウ」が
>一般調達局(GSA)の競売サイトで売りに出されている。

>シーシャドウは全長約36メートル、重量499トン。レーダーに探知されない
>ステルス性能などについて実験する目的で、米防衛大手ロッキード・マーティンが
>1983年に海軍のために建造した。

>GSAの競売サイトによれば、シーシャドウを完全に解体し、資材として使う以外に
>価値がない状態にすることが落札の条件。落札者はカリフォルニア州にある
>海事管理局の施設までシーシャドウを取りに行かなければならない。
>付属品として浮き乾ドックも付いてくる。

 浮きドックとセットだし、乗り回せるなら欲しいって人も多そうだけど。やっぱり機密上の問題とかあるのかな?
 落札者は船体を解体しなくてはならないけれど、購入後何日以内に解体を完了しなければならないとは規定されていない……みたいな抜け道はアメリカじゃ無理そうだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/06

新潟紀行2日目(5/3)

 いきなり寝坊。起きたら九時半。
 ホテルの朝食はもう無理だなぁ。とりあえず、バスの時間待ちの間にパンでも買ってくるか。そう思いながら駅のバスターミナルへ。予報通りの雨だけれど、これは仕方ない。
 観光循環バスの1日乗車券(500円。1回乗車200円を乗り放題+一部施設で料金割引)を購入した、まさにそのタイミングで乗車予定のバス「犬夜叉号」が到着。パン買う暇もねぇ!?
 

続きを読む "新潟紀行2日目(5/3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟紀行1日目(5/2)

 忘れないうちに新潟旅行の記録。

なにジョジョ?明日の朝早起きできそうにない?
ジョジョ それは無理矢理起きようとするからだよ
逆に考えるんだ
「眠らなければいいさ」と
考えるんだ

 というわけで完徹状態で始発電車に乗り込んで郡山へ。そこから会津若松へ、新津へと乗り換えつつ行程は何のトラブルもなく進行。この間『ワンダバ!』他をBGMに、寝たり本を読んだりしながら5時間ほどを過ごします。
 郡山・新潟間の高速バスだと移動時間も短いし値段も少し安いのだけど、一度新潟の街中に到着してから新津まで戻ってこなくてはならなくて、そうなるとダイヤ的に新津到着が1時間ほど遅れることになる。それに電車で長距離揺られるのも嫌いじゃない。というわけで睡眠時間を削っての電車移動を選択。

続きを読む "新潟紀行1日目(5/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

今日の読了本『ダブルクロス リプレイ・アカデミア(2) 燃えろ! 第三生徒会』

・中村やにお『ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・アカデミア(2) 燃えろ! 第三生徒会』
『星川修太郎に、突如超モテ期が訪れた。ひとり、ふたり――いや、たくさん。千人を超す女生徒にモテまくる修太郎を見て、御影透子と光月れいが闘志を燃やす。ライバルは全て、叩き潰さねば……。天才・エナはこの混乱を収めるため、「Rファイト・風雲モテキ城」を企画する。勝者の権利は、修太郎との交際権と…キス!?ただ一人の勝者をめざし、透子が、れいが、新ヒロインが火花を散らす。暴走学園ラブコメリプレイ、絶好調の第二弾。 』

 おお、モテ期だとかなんだとラブコメのコメが前面に出て見えるから、一見ダブルクロスらしくないように感じられるけれど、その実はこれ以上ないほどにダブルクロスらしいリプレイ。
 ヒロイン二人の担当プレイヤーのそれぞれの持ち味を生かした活躍も素晴らしい。さすがプロの声優さん、キャラクターを活かすプロだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟市新津美術館『ウルトラマン創世紀展~ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ~』レポート

公式サイト

『特撮の神様と呼ばれた円谷英二。そこに若い脚本家、監督、特撮スタッフ、芸術家が集い情熱を注いで、1966(昭和41)年「ウルトラマン」は誕生しました。それからおよそ半世紀にわたって、その映像は多くの人々の心を捉え続けています。
 娯楽の中心が映画から新たに誕生したテレビへと移り、さらにテレビの黄金期を迎える昭和時代において、ウルトラマンを生み育てた制作現場では、熱き思いとともに様々な挑戦が繰り広げられ、時代の要請に応えて変化を遂げてきました。
 さらに、子どもを対象とした雑誌やおもちゃなどの産業が隆盛をきわめる中、商業デザインの世界で、ウルトラマンは多くの若手画家の活躍の場となりました。そして子どもたちは、この雑誌やおもちゃにより記憶を定着させ、想像の世界を広げ、永遠のヒーローとしてのウルトラマンを心の中に刻んでいきました。
 当展覧会では、その原点である「ウルトラQ」(1966年)の誕生から、「ウルトラマン80」(1980年)までのウルトラマンシリーズを取り上げ、その人気の秘密を、送り手である制作側の情熱と、受け手である子どもを取巻く文化の両面から探ります。当時夢中になっていた世代から、昭和のウルトラマンを知らない子どもたちまで、多くの世代にウルトラマンの魅力を存分にお楽しみいただきたいと思います。実物マスクや小道具ほか、初公開作品を含め約1000点に及ぶ資料を一挙に公開します。』

 そんな御託はいいさ。おれは生メカギラスが見たいだけだ!
……そう嘯きながら始発電車に乗り込んで出発。音楽プレーヤーには『ワンダバ!』を放り込んでテンションをあげながら。

 長文につき、以下折りたたみ。

続きを読む "新潟市新津美術館『ウルトラマン創世紀展~ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ~』レポート"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/05/04

新潟から帰還

 豪雨のせいで電車が止まったり低速運転だったり磐越西線が完全に止まってタクシー移動だったり乗り換えた最終電車が運行を遅らせたりで午前1時になってやっと帰宅。
 それでも家に帰れただけましなほうだよなぁ。
 郡山で足止めを喰らってる人たちは今夜の宿泊先を何とかできるんだろうか。よりにもよってGWなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/03

今日の読了本『終りなき戦い』『空戦』

・ジョー・ホールドマン『終りなき戦い』
・P・クロステルマン『空戦』

 おお、マンとマンで韻を踏んでる。ちょっとうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/02

今日の読了本『インディアスの破壊についての簡潔な報告』

・ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は新潟で宿泊

 新潟は新津美術館で開催中の『ウルトラマン創世紀展~ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ~』に行ってきました。
 ちゃんとしたレポートは帰宅してから書きますが、すばらしい展示でした。正直、地方の美術館だからとちょっとなめてた。
 各種撮影用アイテムだけではなく、企画書(『アンバランス』どころか『WoO(ウー)』の企画用参考シナリオの現物まで!)や当時の少年誌の掲載記事(小松崎茂のVSゴモラ戦が格好良い!)、果ては怪獣玩具まで!ここでしか見られないものが山のように!
 会場へのアクセスが悪いどころか酷いレベルな事以外はまったく文句なしですよ。

 会場の最寄りJR駅から新潟に移動しようと思ったら、踏み切りの故障とかで上下線完全停止で1時間ほど足止めを食らいました。周りの人の話では4時間ほどずっと止まりっぱなしだったそうな。
 明日は大雨確定だし。今回の旅行は微妙にケチがつくなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いざ!出発

 生メカギラスに会いに行く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/05/01

バトルシップ

公式サイト

 ああ面白かった。スカッとした。

 超強い宇宙人の戦闘艦とアメリカ海軍(+海自)が激突だ!敵は強大だが地球人には知恵と勇気(と無茶)がある!
 娯楽作品として、「戦闘艦かっけー!」を描くことに特化した海軍版『世界侵略:ロサンゼルス決戦』。基本的にドカンドカンボカンボカンのバカ映画ですが、脚本は非常に丁寧に作られています。前半でばら撒いた伏線がクライマックスに向けて綺麗に集束するのが素晴らしい。
 3隻の駆逐艦(デストロイヤー)が手探りで未知の強敵と渡り合う前半も良いのですが、後半。タイトルの通り『バトルシップ(戦艦)』が登場してからがさらにノリノリ。
 戦艦の起動に協力するために、「こいつら只者じゃないぜ!」的な空気を漂わせながらかっこよく現れる大戦生き残りの老兵たち!
 軍艦の生き残りと老兵たちが乗り込んだ戦艦が最後の戦いのために、船体をつなぎとめていた鎖を切り飛ばしながら港を離れるシーンには胸が躍る。
 敵母艦との海戦が始まれば、それはもう戦艦の魅力満載の打撃戦!大型艦船だってアクションはできるんだ!
 素晴らしいハリウッド版宇宙戦艦ヤマトでした。だが、この程度の敵が相手ではアリゾナさんが出るまでもなかったぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »