« 映画『アイアン・スカイ』オフィシャル特報 | トップページ | 今日の読了本『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』『シノビガミ弐 刃魔激突』 »

2012/05/19

巨匠リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』続編にオリジナル版脚本家が参加決定

http://www.cinematoday.jp/page/N0042237

 いつになったら始動するんだかさっぱりわからない続編のブレドランさんの続報。

>巨匠リドリー・スコット監督の出世作『ブレードランナー』続編の
>脚本家として、オリジナル版と同じくハンプトン・ファンチャーが
>プロジェクトに参加することになった

 正直、オリジナルメンバーでどうこうとか言われると、また完全版とかディレクターズカットとかでバージョン違いがいくつも出るのかよという気分になってちょっともにょる。

>1982年に公開された映画『ブレードランナー』は、SF作家
>フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を
>原作にした作品。スコット監督が作り出した、牧歌的とは程遠い、
>暗く冷たい独特の近未来世界はSFファンの間で大いに話題になった。

 まあ、封切り2週間で上映打ち切りになったんだけどな。

>今回スコット監督の旧友であるハンプトンが前作に続きペンを
>執ることになったのは、ファンにとって朗報であろう

 いや、でもその人の脚本って結局そのまま使われないで別の人(デイヴィッド・ピープルス)にリライトされてるじゃん。映画の印象的なシーン(ネタ的な意味を含めて)の中でファンチャー脚本から採用されてるのって冒頭のフォークト=カンプフ検査シーンくらいじゃん。
参考:ブレードランナー ファンチャー版未使用シナリオRoom 101

……っていうか、周りの声を聞く分には新作に期待されてるのって「二つで十分ですよ」系トンチキ部分だけのような気がしないでもない。

|

« 映画『アイアン・スカイ』オフィシャル特報 | トップページ | 今日の読了本『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』『シノビガミ弐 刃魔激突』 »

コメント

>続編のブレドラン
ちくしょう噴いた。

ブレラン相変わらず腰が重いですよね-。本家ブレドランさんの異様なフットワークの軽さを見習ってほしいところです。

もったいぶらずに色んな監督に「チュパカブラのブレードランナー」とか「血祭りのブレードランナー」とか「サイボーグのブレードランナー」とか撮らせればいいのに!

投稿: エム | 2012/05/20 00:48

>「サイボーグのブレードランナー」
「うーん‥‥サイボーグとレプリカントでメカ人間がダブってしまった」
(ゴローちゃんっツラ)

投稿: Johnny-T | 2012/05/20 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/54750760

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』続編にオリジナル版脚本家が参加決定:

« 映画『アイアン・スカイ』オフィシャル特報 | トップページ | 今日の読了本『現代忍術バトルRPG シノビガミ -忍神-』『シノビガミ弐 刃魔激突』 »