« シリアの大型パチンコ砲 | トップページ | 今日の読了本『リバーワールド 果しなき河よ我を誘え』 »

2012/09/30

投石器方式で獲物を放り込む食虫植物

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120928002&expand#title

 今日のカタパルトその2.

>オーストラリア東部のある食虫植物は、自身の捕虫葉をすばやく動かして、
>獲物を粘着性のある罠に放り込んで生きている。

>特殊な捕虫葉は昆虫の肢が接触すると、中央部の粘着性のある腺毛に
>向かって投石器のように直接放り投げていることが判明した。捕まった
>獲物はそこで消化吸収される。

>この投石器方式は非常に効果的だという。「罠にはまったら一巻の
>終わりだ」と、ドイツのフライブルク大学のトーマス・スペック
>(Thomas Speck)氏は語る。「100倍の大きさだったら?
>オーストラリア東部を歩くのはごめんだね」。

 ああ、こいつらがトリフィドに進化するんだな。

|

« シリアの大型パチンコ砲 | トップページ | 今日の読了本『リバーワールド 果しなき河よ我を誘え』 »

コメント

 山田正紀『宝石泥棒』に「追っかけてくる底なし沼」が出てくるんですが、それに匹敵する発明ですなこれ。見飽きたピンチがフレッシュに!

投稿: 茗荷屋 | 2012/10/01 06:00

>追っかけてくる底なし沼
怖!すげぇ怖!
『宝石泥棒』は未読ですが、ちょっと興味を引かれたので読んでみます。
 その発想はあまりにも斬新すぎる。2~30年前の本だけど。

投稿: Johnny-T | 2012/10/03 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/55785695

この記事へのトラックバック一覧です: 投石器方式で獲物を放り込む食虫植物:

« シリアの大型パチンコ砲 | トップページ | 今日の読了本『リバーワールド 果しなき河よ我を誘え』 »