« 『スノーホワイト』ルパート・サンダーズ監督、次回作はヒューゴー賞受賞のSF作家の短編小説 | トップページ | NASAがスタトレのワープドライブ実現に本腰 »

2012/10/19

仕事帰りに寄ってきた

 ホームセンターで、大学生ほどの若者二人が「……バイオハザードになったときにはここに逃げ込んで……」というほほえましい会話をしていました。
 ぼくらも学生時代に同じような話をしたよ。もう一段踏み込んで、どの店が一番生き残りやすいかというところまでな。実はこの店は食料調達に問題があるんだ。

 それはそれとして、「ゾンビが発生したとき」や「ゾンビが町にあふれ出したとき」とかではなく「バイオハザードになったとき」という言い回しだったのがちょっと印象的でした。


 寒くなったので懐中汁粉も買ってきた。
121019


|

« 『スノーホワイト』ルパート・サンダーズ監督、次回作はヒューゴー賞受賞のSF作家の短編小説 | トップページ | NASAがスタトレのワープドライブ実現に本腰 »

コメント

僕も小さい頃からいっぱい「世の中の人がみんな目が見えなくなったらどうするか」シュミレーションしたなあ(;´Д`)

投稿: sanada_b | 2012/10/20 18:48

まずは塩水を用意するんだ!(映画版)

投稿: Johnny-T | 2012/10/21 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/55928253

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事帰りに寄ってきた:

« 『スノーホワイト』ルパート・サンダーズ監督、次回作はヒューゴー賞受賞のSF作家の短編小説 | トップページ | NASAがスタトレのワープドライブ実現に本腰 »