« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »

2012/12/31

今年の科学ニュース

 ニュートリノが光よりも早かったと思ったらそんなことはなかったぜ!

 というちょっと残念なスタートでしたが、それでもヒッグス粒子っぽいのが見つかったり、「不確定性原理」の例外である小澤の不等式が実証されたり、磁気モノポールが発見されたりと物理方面は大躍進でした。
……そういや件のモノポール理論てその後どうなったの?


 宇宙ではボイジャー1号が、太陽系がこれまで想定していたよりも大きいものであったことを発見。外宇宙への旅立ちはもう少し先になりましたが、航海は順調に進んでいます。
 一時は電力低下から冬眠モードに移行していたソーラーセイル実験機のイカロスも無事復旧に成功。その後の飛行は問題なく進んでいるようです。

 来年はもうちょっと派出目の明るいニュースが欲しいですね。

|

« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/56438765

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の科学ニュース:

« 今年の出来事 | トップページ | 今年のアニメ・コミック »