« 非・国道系 | トップページ | 今日の読了本『バッカーノ! 1931-Winter the time of the oasis』『漆黒の戦鬼―シャドウラン・ノベル First Run』 »

2013/03/20

旧日本軍の三八式小銃、ミャンマーで今も現役

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130319-OYT1T00044.htm

>ミャンマー東部シャン州の山岳地帯にある少数民族勢力
>「パオ民族解放機構」(PNLO)の基地では、旧日本軍の
>三八式小銃1丁が、改造を施されて今も使われている。
>「これが日本軍の銃だ」
>「命中しやすく性能は非常に良い。政府軍と戦うための
>大切な武器だ」

 戦場まんがシリーズとかのオープニングみたいだ。

>三八式小銃は口径6・5ミリだったが、現地でこれに合う弾が
>入手できないため、誰かが銃身を加工して広げた可能性が高い

 ライフリングも切りなおしてるのかな?

|

« 非・国道系 | トップページ | 今日の読了本『バッカーノ! 1931-Winter the time of the oasis』『漆黒の戦鬼―シャドウラン・ノベル First Run』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/56998309

この記事へのトラックバック一覧です: 旧日本軍の三八式小銃、ミャンマーで今も現役:

« 非・国道系 | トップページ | 今日の読了本『バッカーノ! 1931-Winter the time of the oasis』『漆黒の戦鬼―シャドウラン・ノベル First Run』 »