« 1971年に着陸したソ連の火星探査機、再発見か | トップページ | 今日のコンベンション »

2013/04/13

Paul Guinan、Anina Bennett『Frank Reade』

130413_1

 他所で『Frank Reade』がちょっと話題に出たので、ついでにこっちでも今更ながらのブックレビュー。
 19世紀のアメリカに出版された人気ダイムノベルの『フランク・リード』シリーズ。その主人公一家と彼らの操るスーパーマシンの活躍を中心に、19世紀後半から20世紀前半にかけての冒険の時代を振り返る形式のフェイクドキュメンタリー本。
 本物とコラージュと創作の画像が入り乱れて、どれがリアルでどれがフィクションだかわからなくなる素敵なスチームパンク近代史。史実の出来事とリード一家の行動の、密かなそして意外なリンクが楽しい。
 製作は、世界初のロボット兵士ボイラープレートの活躍を辿ったフェイク・ドキュメンタリー本『Boilerplate: History's Mechanical Marvel』のスタッフなので、安心のクオリティ。 『ボイラープレート』同様の大量の画像がうれしい一冊です。英語が読めなくてもながめているだけで楽しい。
 歴史好きにもSF・ジュヴナイル好きにもおすすめ。


130413_2

 あと、“彼”もちょっとだけ登場しますよ。


|

« 1971年に着陸したソ連の火星探査機、再発見か | トップページ | 今日のコンベンション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57166792

この記事へのトラックバック一覧です: Paul Guinan、Anina Bennett『Frank Reade』:

« 1971年に着陸したソ連の火星探査機、再発見か | トップページ | 今日のコンベンション »