« 今日の読了本『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ 月明かりのキヲク』 | トップページ | 大黒尚人 『フルメタル・パニック! アナザー5』 »

2013/04/07

エドワード・スミス『紳堂助教授の帝都怪異考』

『時は大正。伝統とモダンが共存する帝都東京。その街を闊歩する青年が一人。若くして帝国大の助教授の肩書を持つ美青年は、博学多才にして超自然的なことにも通じているとか。警察の手に余る事件が彼のもとに持ち込まれることもあるという。そして、彼の傍らにいるのは助手の美少年。その賢さとまっすぐな心を青年はこよなく愛し、常にそばにおいている。これは帝都の巷で起こる不可思議な事件を、助手の少年が記録したものである』

 『侵略教師星人ユーマ 』で宇宙人教師によるまったく新しい地球侵略を描いたエドワード・スミスの新作は、薄暗がりの大正時代を舞台にしたホラーミステリ。
 勝手に探偵物だと思いこんでいたので、怪異譚よりでちょっと意表をつかれました。
 怪異は怪異としてとりあえず“そこにあるもの”と認識した上で、理でもってそれに向かうスタンスがいい。
 「おにぎり」の話が好き。

|

« 今日の読了本『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ 月明かりのキヲク』 | トップページ | 大黒尚人 『フルメタル・パニック! アナザー5』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57124841

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・スミス『紳堂助教授の帝都怪異考』:

« 今日の読了本『アルシャードセイヴァーRPG リプレイ 月明かりのキヲク』 | トップページ | 大黒尚人 『フルメタル・パニック! アナザー5』 »