« マンチェスター博物館の怪現象 | トップページ | 果物の糖使いマウス透明に 理研、組織壊さず観察 »

2013/06/24

スケール アヴィエーション 2013年7月号:フィンランド空軍特集

 2011年5月号以来の第3回フィンランド空軍特集。
 今回もフィンランド愛に溢れた熱い特集でした。戦前戦中戦後現代のフィンランド空軍の使用機体にまつわるエピソードが沢山。
 今回は戦後機体の割合が多め。フィンランドが初めて鹵獲以外の手段で入手したソ連機MiG-21bisとか。
 うは、フィンランド旅行の手引きまで載ってる。

 へぇ、"あの"ブラックバーン・ロックもフィンランドに供給する予定があったのか。

・ブラックバーン・ロック:
 イギリス海軍の戦闘機。前方固定機銃を装備せず。武装は機体上部に搭載された旋回銃塔のみ。
 同コンセプトのデファイアントよりもさらに鈍足で、結局実戦参加はしなかった。
 ずんぐりとしていてハンサムではないけれど、この丸さを可愛いと好む人もいるかもしれない。


 そして今号から速水螺旋人の「大砲とスタンプ」とのコラボ連載が開始。
 第4話に登場した共和国の遠征爆撃機カラ・ムスタファ・パシャが立体化されてますよ!すばらしい!
 あとマルチナの某アニメコスプレとかも見られますよ。ボディラインがあらわなやつ!

|

« マンチェスター博物館の怪現象 | トップページ | 果物の糖使いマウス透明に 理研、組織壊さず観察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57660112

この記事へのトラックバック一覧です: スケール アヴィエーション 2013年7月号:フィンランド空軍特集:

« マンチェスター博物館の怪現象 | トップページ | 果物の糖使いマウス透明に 理研、組織壊さず観察 »