« メキシコ東部で新たなマヤ遺跡発見、ピラミッド15基も | トップページ | 自動ロボット、海底の魚撮影成功 東大などのチーム »

2013/06/22

ハーバード大学、硬貨サイズの四足昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発

http://ggsoku.com/tech/hamr-developed-by-the-harvard-team/

>ハーバード大学・Andrew Baisch氏らの研究チームはこの度、
>昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発しました。このロボットは
>大きさ4センチメートル・重量1.3グラムという極小サイズにも
>関わらず非常に素早い駆動が可能

>「飛び出す絵本」と「折り紙」の原理を利用することで極小のロボットを
>短時間で作製する “PC-MEMS” という技術を新たに開発

 これはすごいな!このサイズでこのスピード!
 もうちょっと進化したら一昔前のSF暗殺ロボットだ(笑えない)

|

« メキシコ東部で新たなマヤ遺跡発見、ピラミッド15基も | トップページ | 自動ロボット、海底の魚撮影成功 東大などのチーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57646340

この記事へのトラックバック一覧です: ハーバード大学、硬貨サイズの四足昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発:

« メキシコ東部で新たなマヤ遺跡発見、ピラミッド15基も | トップページ | 自動ロボット、海底の魚撮影成功 東大などのチーム »