« 八甲田山の監視強化へ 「山が膨らんでるように見える」 | トップページ | 久正人『ノブナガン』(アーススター誌7月号) »

2013/06/19

高速走行可能な猫型ロボットを開発、救助活動での使用に期待

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2951052/10924383

>最高速度は秒速1.42メートル、時速にして5.1キロメートルと、大人の
>人間が足早に歩くのと同程度で動くことができ、「30キログラム未満の
>小型四足歩行ロボットの中では最速」だという。

>ロボットには尻尾はあるものの頭部はないが、その動きから、猫を
>モデルにしたことが容易に分かるという。脚はスプリングを使って
>腱(けん)を再現し、アクチュエーターや小型モーターを使って
>エネルギーを動力に変換し、筋肉の代わりとした。

 後のヘルキャットやセイバータイガーですね。
 いくら性能がいいとはいえ、このコレジャナイ感は大変残念なので、フェイクでいいから頭部は欲しいなぁ。

|

« 八甲田山の監視強化へ 「山が膨らんでるように見える」 | トップページ | 久正人『ノブナガン』(アーススター誌7月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57627137

この記事へのトラックバック一覧です: 高速走行可能な猫型ロボットを開発、救助活動での使用に期待:

« 八甲田山の監視強化へ 「山が膨らんでるように見える」 | トップページ | 久正人『ノブナガン』(アーススター誌7月号) »