« スケール アヴィエーション 2013年7月号:フィンランド空軍特集 | トップページ | リチャード・マシスン死去 »

2013/06/24

果物の糖使いマウス透明に 理研、組織壊さず観察

http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062301001705.html

>マウスの脳など生き物の組織を傷つけずに透明化し、神経細胞などの
>構造が顕微鏡でくっきりと観察できる試薬を、理化学研究所発生・
>再生科学総合研究センター(神戸市)の今井猛チームリーダーらが
>果物などに含まれる糖を使って開発

>従来の技術とは違って組織を壊さずに短時間で透明化でき、厚みが
>あっても全体の構造を観察できる

 なんというネロンガ!むしろ柔らかクリスタルボーイ!?
 ゾアノイドもビックリの生体ステルスが実用化される日も遠くなさそうだ。

|

« スケール アヴィエーション 2013年7月号:フィンランド空軍特集 | トップページ | リチャード・マシスン死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57660174

この記事へのトラックバック一覧です: 果物の糖使いマウス透明に 理研、組織壊さず観察:

« スケール アヴィエーション 2013年7月号:フィンランド空軍特集 | トップページ | リチャード・マシスン死去 »