« ハーバード大学、硬貨サイズの四足昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発 | トップページ | 『パシフィック・リム』の怪獣デザイナー、サイモン・リーがプライベートで作ったヒーローとモンスターのモデル »

2013/06/22

自動ロボット、海底の魚撮影成功 東大などのチーム

http://www.asahi.com/tech_science/update/0619/TKY201306190446.html

>海中を自動で動き回るロボットを使い、オホーツク海で高級魚・キンキ
>(キチジ)の海底での様子をとらえることに成功した

>水産資源調査の新手法として活用できるという。

>キンキは水深150メートル~1000メートル超の海底に生息すると
>考えられているが、群れを作らず、動きも少ないため資源量の把握が
>難しい。

 水中じゃ電波誘導できないもんなぁ。信頼できる自動操縦ドローンに海中探査を任せられるようになったら、相当に研究が進むでしょうね。


>撮影もこなせる海中ロボット「ツナサンド」を使って

……だが、その名前は無い。

|

« ハーバード大学、硬貨サイズの四足昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発 | トップページ | 『パシフィック・リム』の怪獣デザイナー、サイモン・リーがプライベートで作ったヒーローとモンスターのモデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57646352

この記事へのトラックバック一覧です: 自動ロボット、海底の魚撮影成功 東大などのチーム:

« ハーバード大学、硬貨サイズの四足昆虫型マイクロロボット「HAMR」を開発 | トップページ | 『パシフィック・リム』の怪獣デザイナー、サイモン・リーがプライベートで作ったヒーローとモンスターのモデル »