« メキシコ 「死んだはず」のレーニンが市長に当選 | トップページ | 「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーン締め切り間近 »

2013/07/14

佐藤明機『未来記』(IKKI8月号掲載)

「日の入りの金盞花(マリーゴールド)に、天頂の濃藍(マジョリカ)、東の暮れ空の鳩羽色(ダブグレイ)。それにしても甘みの強い色だこと」
「昔の硝子を使いますので、幻燈会や蜜柑水のことをまだ覚えているのです」

 IKKI誌10周年記念ゲスト読みきりシリーズとして読みきり掲載。

 世の中に人間が殆どいなくなってしまったいつか。
 天の底の街の工場で、磨いた硝子の玉に空の光と色とを記録する工員(職人?)の女の子とメッセンジャー(?)の女の子が世界の在り様について話す。
 ちょっとふしぎで、ちょっとお色気。そして濃密なガジェット!
 掲載誌は変われども、作品世界は実にいつもの明機世界。このゴチャゴチャっぷりがたまらない。

|

« メキシコ 「死んだはず」のレーニンが市長に当選 | トップページ | 「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーン締め切り間近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/57792951

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤明機『未来記』(IKKI8月号掲載):

« メキシコ 「死んだはず」のレーニンが市長に当選 | トップページ | 「星の王子さまに会いに行きませんか」キャンペーン締め切り間近 »