« 「クックロビン音頭」が世に出たいきさつ | トップページ | 福島県立美術館『若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―』 »

2013/08/16

スター・トレック イントゥ・ダークネス

公式サイト

 おお、こうなぞらえてくるか!
 新シリーズ第2作とあって、敵がカーンだったり、ワープコアの修理のために内部に入って放射線で死にかけのカークがスポックに「お前が俺でも同じことをしただろう?」だったりと前作以上に旧作ファンへのサービス満点。親父(トレッキー)がみたら大喜びすることだろうよ。

 もちろん、オマージュ部分以外も素晴らしい出来です。
 オープニングはカークらしいルール違反ギリギリの未開惑星での住人救出作戦で始まってつかみはOK。このミッションがまた、TVシリーズのラスト10分で展開されるクライマックスシーンを切り抜いたようなシーンで、台詞回しでここに至るまでの(TV放送枠の)30分にどんなやり取りが行われたか容易に想像できるのが実に愉快。
 本編も強力な敵との知恵比べで、そうくるか!ここでこう持ってくるか!の連続。小型バードオブプレイとのドッグファイトや、宇宙服のみでの敵船への直接乗り込み、エアカーを飛び越えての格闘戦などなど見せ場も山ほど。
 大変素晴らしいスタートレック映画でした。

|

« 「クックロビン音頭」が世に出たいきさつ | トップページ | 福島県立美術館『若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/58006806

この記事へのトラックバック一覧です: スター・トレック イントゥ・ダークネス:

« 「クックロビン音頭」が世に出たいきさつ | トップページ | 福島県立美術館『若冲が来てくれました―プライスコレクション 江戸絵画の美と生命―』 »