« チャーチルの趣味 | トップページ | 今日の読了本『キノの旅XVII the Beautiful World』 »

2013/10/20

歩行や会話が可能な「人造人間」、米博物館で公開

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE99H03620131018

>米ワシントンにあるスミソニアン航空宇宙博物館で17日、人工臓器などを
>組み合わせて作られ、歩行や会話が可能な「人造人間」が公開された。

>この人造人間「バイオニックマン」は身長183センチ、体重77キロで、
>肺や膵臓、循環系など28の人工臓器から成る。これら臓器は大学などで
>開発されたものを利用し、英ロンドンのシャドー・ロボット社が組み立てた。
>顔はあるが、表情はつくれず、実質的に皮膚はない。制作費は100万ドル
>(約9800万円)だという。

 ほほう、バイセンテニアル・マンっぽいな。
 この器官というのはどのくらいの精度で作ってるのかしら?

>英ロンドンのシャドー・ロボット社が組み立てた。

 この社名……悪の企業に間違いない!おそらくは、悪の秘密組織ネオギルドのカバー企業ですね。

|

« チャーチルの趣味 | トップページ | 今日の読了本『キノの旅XVII the Beautiful World』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/58423675

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行や会話が可能な「人造人間」、米博物館で公開:

« チャーチルの趣味 | トップページ | 今日の読了本『キノの旅XVII the Beautiful World』 »