« マチェーテ、宇宙へ! | トップページ | 古代神殿に巨人の壁画 神戸の准教授、南米で発見 »

2013/11/24

南極でニュートリノ検出 宇宙から高エネルギー粒子

http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112101001987.html

>太陽系の外から飛んできたとてつもなく高いエネルギーを持つ素粒子
>ニュートリノを検出したと、千葉大が参加する国際研究チームが
>22日付の米科学誌サイエンスに発表した。南極の巨大な氷床を
>観測装置として利用する実験「アイスキューブ」の成果。

 おお、すごい!掴んだのか!

>これほど高いエネルギーのニュートリノを発生させる天体は謎だが、
>ブラックホールや超新星爆発などが考えられるという。

>「検出は世界初。はっきり分かっていない(宇宙を飛び交う粒子の)
>宇宙線の起源を解明できるかもしれない」としている。

 うん、続報が楽しみなニュースだ。良い結果が出るといいね。

|

« マチェーテ、宇宙へ! | トップページ | 古代神殿に巨人の壁画 神戸の准教授、南米で発見 »

コメント

ハイゼンベルク・ストライクが来ちゃう。

投稿: TND | 2013/11/25 21:04

ジュンイチローとアシモが迎撃してくれますとも。

投稿: Johnny-T | 2013/12/08 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/58638955

この記事へのトラックバック一覧です: 南極でニュートリノ検出 宇宙から高エネルギー粒子:

« マチェーテ、宇宙へ! | トップページ | 古代神殿に巨人の壁画 神戸の准教授、南米で発見 »