« 1898年のポルシェ電気自動車「P1」 | トップページ | 調査で判明、英国のカジュアルな「殺し屋」たち »

2014/01/31

今日の読了本『絶対城先輩の妖怪学講座 三』

・峰守ひろかず『絶対城先輩の妖怪学講座 三』
 あの絶対城先輩が打ちのめされるというビックリ展開に、ヌエや天狗の正体についての驚愕の解釈。つまり驚き通しということですよ。
 あと、妖怪としてのイタチさんとか天狗の是害坊の話とか出てきてちょっとニヤリ。

|

« 1898年のポルシェ電気自動車「P1」 | トップページ | 調査で判明、英国のカジュアルな「殺し屋」たち »

コメント

いつもありがとうございます。

>あの絶対城先輩が打ちのめされるという
あいつあれで結構テンションに左右されやすい人なので……。当初の予定では鉄のメンタルのダークヒーローだったはずなんですけどね。

投稿: 峰守 | 2014/02/03 00:59

>鉄のメンタルのダークヒーロー
いえ、彼は萌ヒロイ……(言葉を飲み込む)

投稿: Johnny-T | 2014/02/18 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/59046862

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『絶対城先輩の妖怪学講座 三』:

« 1898年のポルシェ電気自動車「P1」 | トップページ | 調査で判明、英国のカジュアルな「殺し屋」たち »