« アルミニウムの誕生 | トップページ | 今日の読了本『パンプルムース氏のおすすめ料理』 »

2014/01/08

防衛省:輸送艦を大規模改修へ オスプレイも格納

http://mainichi.jp/select/news/20140108k0000e010174000c.html

>おおすみ型輸送艦は昨年11月のフィリピン台風災害で被災地の
>近くの海上に停泊し、艦尾のスロープから発進させた小型艇で
>救援物資を輸送。

>水陸両用車を積むとスロープが滑りやすいため自力で上って
>艦内に戻れない。また、陸自の輸送ヘリコプターを格納するには
>翼の取り外しが必要で数日かかる

>このため防衛省は、水陸両用車が艦内に戻れるよう
>▽スロープへの滑り止め塗装
>▽船を後方に傾ける機構の追加――を計画。

>またオスプレイは翼を折り畳んで艦内に格納できるが、
>離着陸の際、翼の下に高熱を放つため、甲板塗装の
>耐熱性強化を検討する。

 ギミック満載の輸送艦、いいね!

|

« アルミニウムの誕生 | トップページ | 今日の読了本『パンプルムース氏のおすすめ料理』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/58910343

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省:輸送艦を大規模改修へ オスプレイも格納:

« アルミニウムの誕生 | トップページ | 今日の読了本『パンプルムース氏のおすすめ料理』 »