« アメリカで「ピザは野菜」と国家が認定 理由はトマトソース… | トップページ | ブレイブハートのクレイモアを作ろう »

2014/06/29

元『バットマン』が堕ちたヒーローを演じる『バードマン』予告編

http://www.kotaku.jp/2014/06/birdman-official-trailer.html

>あのマイケル・キートンが、かつて『バードマン』というヒーローを
>演じてトップスターに登りつめた俳優を演じる、メタな映画が公開されます。

>リガン・トムソンの頭の中にだけ存在するヒーローとして描かれるようです。

 かつてヒーローもので一山当てたが、それがゆえに落ちぶれた俳優が、自分の中にいるかつて己が演じたヒーローと再会するという物語は、ロバート・R・マキャモンの短編「夜はグリーン・ファルコンを呼ぶ」(短編集『ブルー・ワールド』『シルヴァー・スクリーム』に収録)の主人公や、かつての人気番組を模した犯罪者を追跡するためにバットマンが老俳優に協力を求めるアニメ版バットマンのエピソード『伝説のヒーロー グレイゴースト』のサイモン・トレントを連想させます。どちらも名作、名エピソードなのでこの映画にも期待するしかない。

>マイケル・キートンといえば、ティム・バートン版『バットマン』と続編の
>『バットマン リターンズ』でブルース・ウェインを演じた、いわば映画版の
>初代バットマンと呼べる人。そんなマイケル・キートンが、元ヒーロー
>俳優という自虐的な役を演じる『バードマン』は、その前提からして
>ブラックなコメディというしかありません。

 ヒーロー役を演ずることによるイメージの固定について、記事中ではスーパーマンのジョージ・リーヴスの話に触れていますが、それこそ“初代”バットマン俳優のアダム・ウエストがそれに苦しめられたといいます。で、そのアダム・ウエストが声優として声をあてているのが上で紹介したグレイゴースト/サイモン・トレント。なんというギリギリ感あふれるキャスティング!

|

« アメリカで「ピザは野菜」と国家が認定 理由はトマトソース… | トップページ | ブレイブハートのクレイモアを作ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/59896400

この記事へのトラックバック一覧です: 元『バットマン』が堕ちたヒーローを演じる『バードマン』予告編:

« アメリカで「ピザは野菜」と国家が認定 理由はトマトソース… | トップページ | ブレイブハートのクレイモアを作ろう »