« 沖縄から東京まで片道50時間! フェリーの日本最長航路「飛龍21」に乗ってみた | トップページ | 「天才のスケジュール表」人類史に名を残す偉人たちの24時間が、非常に興味深い »

2014/09/28

くだらない悲劇 空母「グローリアス」の沈没 

前編
後篇

 1940年6月のノルウェー沖海戦でドイツ海軍の巡洋戦艦シャルンホルスト、グナイゼナウに撃沈されたイギリス海軍の空母グローリアス。この艦が、どうして少数の護衛のみを連れて艦隊を離脱し、その結果補足されて、撃沈されることになったのかというレポート。とそれが公開されるまでの顛末。

>当時の艦の状況が不明確であった中で、すべてを艦長の油断・怠慢・
>無能に帰結させてしまうという「非合理な」結論を避けるために、
>間接的な情報から「合理的に推論」されて広まったものなのであろう。
>しかし事実はその「非合理な結論」こそが沈没の大きな原因で
>あったことを示しているのであった。

……ちょっと耳を疑う話です。

|

« 沖縄から東京まで片道50時間! フェリーの日本最長航路「飛龍21」に乗ってみた | トップページ | 「天才のスケジュール表」人類史に名を残す偉人たちの24時間が、非常に興味深い »

コメント

頭ん中でこの艦長がジョン・クリーズの姿と声で再現されてますわ。

投稿: わびすけ | 2014/09/29 13:37

>ジョン・クリーズの姿と声
なんというマッチング!パーフェクトすぎる!

投稿: Johnny-T | 2014/10/06 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/60391832

この記事へのトラックバック一覧です: くだらない悲劇 空母「グローリアス」の沈没 :

« 沖縄から東京まで片道50時間! フェリーの日本最長航路「飛龍21」に乗ってみた | トップページ | 「天才のスケジュール表」人類史に名を残す偉人たちの24時間が、非常に興味深い »