« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014/11/30

今日の読了本『艦隊これくしょん‐艦これRPGリプレイ 願いは海を越えて (2) 』

・明時士栄『艦隊これくしょん‐艦これRPGリプレイ 願いは海を越えて (2) 』

 艦これRPGキャンペーンリプレイ完結編。
 収録されている中の最終セッションは改二クラスの高レベル艦娘 VS ……(ギャー!?)。
 その「当たれば即死」の大決戦で(またしても)やらかしてしまう金剛(改二)さんのドジっ娘っぷりと、その失敗を取り返す一撃に萌える。
 そして奇跡のタイミングで発動する決着の一撃。スリリングなバトルでありましたキソー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/29

フューリー

公式サイト

 見てきましたよブラッド・ピットが制作・主演の戦争映画。このジャンルにたいして詳しいわけじゃないですが、これまでのハリウッド製第二次大戦映画とはひと味違う印象。

 M4シャーマン戦車でティーガーと戦ってひどいことになったり、街道上の怪物をしたりする話。新谷かおるが描く戦争ほど英雄的ではないし、松本零士が描くほどウエットでもない(槙島聖護っツラ)。なんというか小林源文感あふれる映画で……あれだ、米軍版黒騎士物語だと思ったらカンプグルッペZbvだったという評価がまさにピッタリ。
 戦車同士の戦闘はほとんどありませんが、歩兵から見た戦車の味方としての心強さ、敵としての怖さがしっかりと演出されていて、たとえそれが強力な戦車ではないとされるシャーマンであってもやはり陸戦の帝王なんだなと感じました。
 あとティーガー超硬い。超強い。超怖い。

 ところで、劇場内の平均年齢のやたらと高いこと。ざっとみた感じで、30人前後の観客中ぼくを含めた5人以外みんな髪が真っ白。こんなに平均年齢が高いのは初めてですよ。レッドバロンのときでさえここまで老人会じゃなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Star Wars: Episode 7 - The Force Awakens TRAILER 1

 来た来た来たー!
 2015年公開のエピソード7「STAR WARS : THE FORCE AWAKENS」の予告編第一弾が公開されましたよ!
 超低空飛行で湖上を飛ぶX-ウイング編隊とかシスの剣士が持つ十字剣ライトセーバーとかもかなりクるけれど、やっぱりあのメインテーマとともに飛び出すミレニアム・ファルコン号の勇姿がなににもまして素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/28

ヘリコプター弦楽四重奏曲

 大砲を使ったチャイコフスキー序曲『1812年』以来のトンチキ楽曲だな!
 音楽としての良し悪しはわからないけど、こういうの嫌いじゃないわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務用卵割りマスィーン

 なにあのメリーゴーランド!超イカス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/26

今日の読了本『魔法少女禁止法2』

・伊藤ヒロ『魔法少女禁止法2』
 シビルウォーからキングダム・カムへ。この残酷な物語が最終的にどこに至るのか。まったく目が離せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の久正人

遅ればせながら今月のノブナガンとりあじゅうを読んだでござる。

・ノブナガン
……なんという残酷なことに!よりにもよってあの時と同じ構図で!おお、アダム!

 ところで、今月号でアーススター誌はwebマガジンに完全移行とのこと。最終回怪獣テリジノサウルスが登場しなくて良かったなぁとほっと胸をなでおろすも、次号からはどのように展開していくのかハラハラがドキドキですよ。

・エリア51
 そしてそのころエリア51では、こっちもえらいことになってる!
 エリア51住人全員緊急避難!「蛇」の皆さんとかこっそり紛れ込んでるし!ところで、この封鎖艦隊の空母って命名法的にDOGOO所属のレンタル品ですか?
 ここで今回のシリーズ冒頭へのリンクが成立したわけだけど、「3時10分前決断の時」へのループはサンジェルマンの顔見せだけじゃなく“あれ”を使うためにの伏線でもあったんだね。
……どう使うのかサッパリわかりませんがな!

 単行本にひき続いて腐り路線だ百頭!

・エリア51単行本9巻
……メトロン星人モチーフだったんだなぁ。
 本編もさることながら、今回は書下ろしが実にひどくて素敵。
 腐ってやがったり、涙のボクサー人生だったり。ちょっと伯爵?それ、観測しちゃいかんものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジミが多色成型で接着剤不要の1/700戦艦大和の発売を予定

http://mokehana.blog34.fc2.com/blog-entry-654.html

 マ・ジ・でー!?
 すげぇなフジミ!正気かフジミ!?

>ただフジミとしてもかなりの冒険のようでして、第一弾と謳いながらも大和の
>次のアイテムは現状未定で、シリーズ化出来るかどうかは売れ方次第との事。

 それはそうだよなぁ。船舶系のモデラー諸氏は頑張って支えてあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/25

今日の読了本『もう年はとれない』

・ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
『捕虜収容所でユダヤ人のあんたに親切とはいえなかったナチスの将校が生きているかもしれない──臨終の床にある戦友からそう告白された、87歳の元殺人課刑事バック・シャッツ。その将校が金の延べ棒を山ほど持っていたことが知られ、周囲がそれを狙ってどんどん騒がしくなっていき……。武器は357マグナムと痛烈な皮肉。最高に格好いい主人公を生み出した、鮮烈なデビュー作!』

 メンフィス警察殺人課の元刑事、87歳の老人バック・シャッツは、思うように動かない身体に鞭打ってかつて対決したナチス将校と彼が隠した金塊を追う。武器は長年の刑事経験と毒舌と愛用の357マグナム!
 これは己の認知症による妄想なのではないかと危惧しながらも事件を捜査する彼の前に次々と現れるトラブルまたトラブル!
 高齢化が問題になる現代社会に、新たなヒーローが颯爽登場!身体は弱々しいがタフで喰えない爺さんの物悲しくも痛快な後期高齢者ハードボイルド!

 鉄の腕は萎え、記憶もだいぶ怪しくなってきているけれど、それでも頑張って踏ん張る爺さんの活躍を描いたハードボイルド。ダーティーハリーが年をとるとこうなるのかしら?
 軽妙な会話が非常に楽しい一冊。

「ミスター・シャッツ。凶暴な連続殺人犯をどうやってやっつけたんですか?」
(中略)だが、わたしはテレビでたくさんのニュースを見ているから、彼女がなにを求めているのか察した。これは年齢によって衰えることを拒んだ勇敢な老人の物語だ。わたしに期待されているのは、精神の気高さを示すような、あるいは人々を鼓舞するような見識を視聴者に対して披露することだ。しかし、わたしは(中略)あまり勇敢な気分ではなかった。
 そこでこう言った。「357マグナムでやつの顔を撃った。それでたいていうまくいく」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム内でダメージを受けるたび、現実世界でも血液を失わせていく周辺機器が登場

http://damonge.doorblog.jp/archives/42054427.html

……鷲巣麻雀用ツール……だと!?

 ああ、結局発売中止になったのか。それはそうだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/24

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

公式サイト

 今回もステキに頭の悪い男の教科書でありました。
 全開でノリノリのアントニオ・バンデラスと、ここぞというところでチューバッカ二匹を連れてカッ飛んでくるハン・ソロ船長が特にステッキー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国防総省が「飛行空母」案を公募

http://www.afpbb.com/articles/-/3032152

 定期的に話題だけ出ては消えていく「飛行空母」ですが、今回は公募ですとな?
 個人的には『スカイキャプテン』でアンジェリーナ・ジョリー姐さんが指揮してたみたいのがいいなぁ。
 いや、募集してるのは無人ドローン用のフライングプラットフォームなんだけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/23

今日の読了本『魔法少女禁止法1』

・伊藤ヒロ『魔法少女禁止法1』
 2巻の前の復習がてらに再読。いつ読んでもひどい話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターステラー

公式サイト

 仕事帰りに『インターステラー』見てきましたよ。
 滅びを迎えた地球人類を救うために、新天地の探索に旅立つ宇宙飛行士チームの冒険行と、地球にのこった人たちの姿を描くSFドラマ。
 丁寧に作られた「きちんとしたSF」で、それでいてSFマニアだけに向けたものでもないバランスの良い作品でした。加点法でも減点法でもかなり良い点を取れる映画。
……ではあるのだけれど、個人的にはいまいちノリ切れなかったなぁ。個々のシーンはすごくいいんだけど、そつなく作ってあるせいか全体の展開に驚きがないんだよね。これは作品のつくりとして悪いことではないのだけれど、それでも、もう少しいけるはずだ!と思ってしまうくらいに他の部分で頑張ってるから余計に気になってしまう。クリストファー・ノーラン監督のいいところと悪いところが同時に出てしまった。
 情報量を落とした『スタープレックス』(ロバート・J・ソウヤー)か、あるいはものすごくレベルを上げた『クライシス2050』という印象。
 あと、上映時間(約三時間)が上映時間なので中弛み期がちょっとつらい。正直に言うとちょっとだけ意識とんだ。

 エンディングの今度は娘に送り出されて新たな世界へと旅立つ主人公とその相棒の姿に胸が熱くなる。よい冒険者の物語でした。
 あとTARS(ターズ)萌え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

あの「イラつく文字認証」のおかげで年間250万冊もの本がデジタル化されている

http://logmi.jp/28125

>だいたい一日に1億語、年間250万冊もの本に相当します。

 そんなに!
 こんな役に立つものだったとは夢にも思わなかった。まったく意外なお役立ちツールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米全土で異例の寒波、ハワイでも氷点下 国の半分に積雪

http://www.cnn.co.jp/usa/35056774.html

>米全土が11月としては異例の寒波に見舞われている。18日朝には
>全50州で気温が氷点下を下回る地点が観測され、国立測候所に
>よれば米全土の50.2%で積雪があった。

 これで雪まで降ってしまったら、カメハメハ大王のとこのお子さんたちの登校問題はどうなってしまうんだ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/19

ロシアの衛星兵器……か?

http://www.nbcnews.com/science/space/russian-space-object-2014-28e-sparks-worries-about-satellite-killer-n251111

 おおお、宇宙がきな臭いことになってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのダンスバトル!

http://www.buzzfeed.com/adambvary/guardians-of-the-galaxy-dance-off-blu-ray
(映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』本編クライマックスシーンのネタバレがあります。本編視聴後にご覧ください)

 なんて素敵なダンスバトル!この発想はあったが実際にやってしまうとはズルイ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/18

「死霊のはらわた」続編TVシリーズ、2015年に放送へ ライミ&B・キャンベルが復帰

http://eiga.com/news/20141117/8/

>スプラッターホラーの傑作「死霊のはらわた(1981)」シリーズの
>続編となるテレビシリーズ「Ash vs. Evil Dead」が、2015年の
>放送開始を目指して制作されることになった。

……はぁっ!?「死霊のはらわた」がTVドラマぁ!?なに言ってんだよ!?

>映画版で主人公アッシュを演じた盟友ブルース・キャンベルが再び
>同役で主演する。

>テレビシリーズの舞台は、第1作から30年後。大人になろうとせず、
>無責任な生き方をしてきたお調子者のアッシュが、人類全体が
>危機に直面して、ついに立ち上がるという設定だという。

 見るしかねぇな、こいつは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/17

「月刊ムー」創刊35周年記念グッズをネット販売 圧倒的なムー感

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/05/news106.html

 むぅ!
 畜生、いい感じにネタを前面に出しやがって。ちょっと欲しいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/16

装甲はペーパークラフトで スマホで操作可能なお手軽多脚ロボ登場!!

http://gigazine.net/news/20141106-zuri-01-paperbot-system/

 おお、シンプルだけど、デザインはスマートだし、発展性もあるし、面白そうなロボット玩具だな。
 クラウドファンディングが始まったら一口噛んでもいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」のメニューが知りたい。

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000161909

>レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」の食卓には、魚料理
>(オレンジまたはレモンのスライス添え)・オレンジ(またはレモン)
>・赤ワイン・パンが描かれています。また、魚料理はウナギでは
>ないかという説があります。
>以下の資料に記述があります。
> 〇『食べる西洋美術史』 宮下規久朗/著 光文社 2007年
> 〇『LEONARDO最後の晩餐』 ピエトロ・C.マラーニ/著 ニュートンプレス 2000年
> 〇『ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はなぜ傑作か?』 高階秀爾/著 小学館 2014年
> 〇『レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』』 片桐頼継/著 小学館 1999年
> 〇「朝日新聞」2008年10月25日e5面 日野原重明「ダ・ヴィンチとウナギ」
 
 あとで参考書籍を探す用メモ。
 ウナギの白焼きにレモンは良く合うもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シビルウォー国とプラネットハルク国が激突! マーベルが来夏のイベントの予告動画を公開:

http://ame-tsu.blogspot.com/2014/11/blog-post_7.html

>マーベルが来年のイベント『シークレットウォーズ』の予告動画を公開。
>なんと『シビルウォー』、『プラネットハルク』など今まで予告されたタイトルが
>それぞれ一つの国となり互いに争うという、仰天の国盗り物語になる様子。

 それぞれの物語のコズムが覇権を争うディメンジョンウォー!?それはなんというかすごくTRPG『TORG』テイストですね。どんな物語になるのか想像もつかなくて楽しみ。

……ところで、無敵のマーベル・ゾンビ国がヤバ過ぎはしませんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/13

ロボット侍の殺陣

http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/41209307.html

 非人間チャンバラ。これはすごい!
 あの切っ先を合わせた状態での動きなんて人類には不可能だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/12

トリンプ『仲良し姉妹ブラ』発表。触れ合うと柄が変わる電子ペーパー採用ブラジャー

http://japanese.engadget.com/2014/11/06/t/

 エローイ!(瞳をキラキラと輝かせながら)

>最新テクノロジーを活用し、二人が触れ合うとブラジャーの柄が一瞬で
>お揃いに変わり、女性同士の絆を感じられるイノベーションブラジャー

 たいへん百合百合しい感じで心が温かくなる話ですね。エローイ!(歓声)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイザック・アシモフ原作『ファウンデーション』TVドラマ化

http://www.slashfilm.com/foundation-tv-series/

 『インターステラー』をはじめとするクリストファー・ノーラン作品の脚本担当として知られるジョナサン・ノーランが、アイザック・アシモフ原作の『ファウンデーション』をTVシリーズ化するのだそうです。
 シリーズ完全映像化だそうな。
 あれ、そうなるとローランド・エメリッヒの劇場映画の話はポシャッたのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/11

今日の読了本『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!3』

・築地俊彦『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!3』

 はみ出し者集団ながら激戦の中で名をあげた第十四駆逐隊。その新たな任務は外地への転属。任地リンガ泊地で彼女たちは何と出会う?
 あいかわらず日常パートと戦闘パートとのバランスが良好。それぞれの演出が綺麗にリンクして物語を盛り上げる。
 今回の裏テーマはリーダーとしてのありようかしら?各鎮守府の提督として、艦隊指揮官、あるいは嚮導艦として、どの様にその任務に向かうのか。
 大物イベント海域での戦いだった前巻に比べると敵の規模こそ減少していますが、進撃してくる敵軍を迎え撃つ味方戦力もまた極小。この戦力でいかにして食い止めるかというスリリングな戦闘条件の設定が美味しい。
 そして、あきつ丸のあの活躍!うちの鎮守府でもお迎えしてぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイアンスカイ2予告編

 現代に蘇った月面ナチスとの激闘を描いた素敵トンチキ映画の続編!
 あの絶望的なエンディングからどう話は展開されるのか!?今度の相手は地球大空洞の中で生き残った地下ナチスだ!恐竜たちを操るぞ!
……畜生、テーマの選択に隙がねぇな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年恒例

 11/11のピンゾロチェック!
……ある意味で適正な出目なのか?

141111


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/10

実写映画「劇場版 忍者じゃじゃ丸くん」がクラウドファンディングをスタート!

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20141110_675317.html

>ギルドは11月10日、ファミコン用ソフト「忍者じゃじゃ丸くん」の
>実写映画作品「劇場版 忍者じゃじゃ丸くん」のクラウドファンディングを
>「MotionGallery」にてスタートした。期間は2015年1月30日までで、
>目標金額は150万円。

……なに言ってんの?
 そしてトレーラーから漂うダメ映画にさえなれない臭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/09

今日の読了本『ルチアノの幸運』

・ジャック・ヒギンズ『ルチアノの幸運』

 時は第二次世界大戦。連合軍のシチリア上陸作戦の作戦成功に、当時グレイト・メドゥ刑務所で服役中だったニューヨークマフィアのドン、ラッキー・ルチアーノが大きな役割を果たしたことは公的な記録にも残っている事実です。
 しかし、ルチアノの指示を受けた部下による実行だと思われていたそれらのミッションは、実は密かに刑務所から開放されていたルチアノ本人の手によって達成されていたのだ。
……という物語。
 出オチなの?と思わせるコンセプトですが、内容はヒギンズらしい痛快冒険小説。傷を持つ男達の物語。ラストシーンの爽やかさよ!

「諸君、乾杯だ。ところで、なにに乾杯しようか?」
「もちろん、おれたち三人のためにだ」ルチアノがにっこりと笑った。「それにルチアノの幸運(ラック)に対して。幸運が続いてくれることを願おう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉のおなかをふくらませるのは僕

http://arc.akitashoten.co.jp/comics/aneona/1
別冊ヤングチャンピオン

 近親相姦エロマンガっぽいタイトルに騙されましたが、これはこれで悪くないグルメマンガ。
 でもエロシーンありのバージョンを書いてくれてもいいのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の出来事(ただし100年前)

 だが、ミュッケ大尉率いるエムデン陸戦隊の伝説的活躍はこの日から始まるのだ!
 上陸作戦中に母船が撃沈。そこで島にあった帆船を徴発して脱出。陸路でアラビア半島を北上。イエーメンの山々を超え、焼け付く砂漠でベドウィン(を装ったメッカの兵士)との交戦を繰り広げつつ故国ドイツを目指せ!

参考:エムデン (軽巡洋艦・初代) - Wikipedia



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/06

あの「ハンガー作っている」中の人

http://japan.digitaldj-network.com/articles/33854.html

 針金ハンガーを作ってる職人さんの姿が明らかに!
 なにこれカワイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然のパワーストーンから切り出されたナイフが美しすぎる

http://japan.digitaldj-network.com/articles/11996.html

 これは想像以上にファンタジー力強いな!
 一本欲しいけどお高いんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/05

Dressing Up a Rover as a Baby Penguin

http://www.wired.com/2014/11/penguin-rover/

 なにこれカワイイ!
 このモフモフ感はヤバイな、飛び込みてぇ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『血界戦線』TVアニメ化石田彰、大塚明夫、緑川光ら豪華声優で

http://www.oricon.co.jp/news/2044108/full/

>『ジャンプSQ.19』(集英社)で連載中の漫画『血界戦線』が2015年に
>テレビアニメ化される

>キャストは石田彰、石塚運昇、小川真司、大塚明夫、折笠愛、
>釘宮理恵、小林ゆう、小山力也、阪口大助、中井和哉、藤原啓治、
>緑川光、宮野真守、宮本充と、豪華声優陣が起用された。

 うっは、文句なしだ!これはいいキャスティング。オンエアが楽しみだー!
……田舎住まいの身としてはニコニコかバンチャで配信してくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進撃の巨人と「スパイダーマン」のアメリカンコミックがコラボ

http://news.livedoor.com/article/detail/9430128/

 立体機動装置の扱いについては世界的な権威だもんな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/03

今日の読了本『絶対城先輩の妖怪学講座・五』

・峰守ひろかず『絶対城先輩の妖怪学講座・五』

 新キャラ登場でヤキモキ(誰が?誰に?)編。お前らもう結婚しちゃえよ。

 作中で語られる妖怪知識、雑学知識が無駄なく収束する構成はさすがの峰守クオリティ!なるほど、あれがこれでそれなのか!
 今回のテーマ妖怪は、河童に雪女に目々蓮とメジャー寄り。妖怪伝承の意外な真実に驚愕せよ!
……そうか、河童の正体はサイカニアではなかったのか。(C)久正人『ジャバウォッキー』

 あと、絶対城先輩の「お前、もうちょっとSFを読め」に噴くの巻。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

故人の遺灰をダイヤモンドにする技術が開発される

http://www.gizmodo.jp/2014/11/post_15803.html

 何たる『マルドゥック・スクランブル』!ウフコック捜査官を呼ぶんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約50枚のマンホールのふたなど吹き飛ぶ ガソリンが下水で引火か

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20141102-00000987-fnn-soci

>バイクの修理をしていて、そこから漏れたガソリンが下水に流れ込み、
>何らかの原因で引火し、爆発したとみられている。

 流入量がどのくらいなのかはわからないけれど、一台分のガソリンでこんなことになるんだから揮発した可燃物と閉鎖空間のコンボはおっかないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のニンニクナックル

 前半は驚愕の世界設定やあの人の動機についてのネタバラシ編で腹筋痛と呼吸困難に陥り、後半はまさかの愛と勇気と友情の逆襲バトルで胸が熱くなる。
 まったく健康に害のあるマンガだぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のエリア51

シュレディンガーの猫 VS パブロフの犬

 アイドルグループSLM72に噴く。しかし、エロス路線が多いのは仕方ないとして、色々と業の深いファンが多そうなグループだ。
 そして伯爵のタイムトラベル理論(解説が超わかりやすくて超ヤバイ)とエリア51に迫る脅威の正体。なるほど、だからこういうキャストでこういうことになっているのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回のジャバウォッキー1914

「だから俺達は分かってやらなきゃいけないんだ」
 畜生、あんまり俺を泣かせるなよ!
 というわけでやっとこさ「ジャバウォッキー1914」の掲載されているネメシス誌入手。今回も久節大全開!燃えたり泣いたり萌えたり驚いたり忙しいったらありゃしない!
 そして、大空魔竜かジャガーバルカン(←間違い。正しくはブルバルカン)か、こんなひどい皇帝戦車見たことない!(絶賛)

……理想と仲間と。やっぱり彼らは“そう”なんだろうか?

 ところで、前回今回にグレフル再録回で懲りた。次の号からは最初っから通販で済ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のクロスボーンガンダム・ゴースト

 ギリギリの攻防を制して核爆弾の爆発を阻止したフォント。だが、それによって予想外の問題が発生していた。

 過酷過ぎたミッションの影響で自分を失ったフォントの前に現れたのは……ただの男に戻ったあの男!リアルでも作中でも20年近くの時を越えて、頼りになるあの男が帰ってきた!
 この際、せっかくなのでカーティスの頭をガツンとやってやってください固い方の手で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は一日“歌う声優”三昧 ツヴァイ!

http://www9.nhk.or.jp/zanmai/

 いかん、うっかりフルタイムで聞き入ってしまった。おかげで今日の予定が全部パァだ。
 だが後悔は……それほどない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/02

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(二回目)

 というわけで、上映終了前にGoGをもう一度見てきましたよ。
 二回目だといろいろなことに気づけますね。アレはこんなに早い段階で示されていたんだとかそういうあれこれ。

 前回買い損ねていたパンフレットも買ってきたんですが、メカ設定のコーナーこれだけかよ!ミラノ号もノバ・ファイターもサッパリじゃないか!資料本って出てるのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃走の容疑者の飼い犬、警官を隠れ場所に導く「手柄」 米

http://www.cnn.co.jp/usa/35056013.html

 お手柄だけど、飼い犬に手を噛まれるとはまさにこのことだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/01

猿の惑星 新世紀(ライジング)

公式サイト

 シーザーの すごい 王のUTSUWA。

 前作から10年後、ウイルスの蔓延により人類が衰退した世界で、猿たちのリーダーとして群れを率いるシーザー。
 彼らと人間が再び出会ったとき新たな戦いが始まる。
 人間と猿。猿と猿。人間と人間。それぞれが胸に抱く恐怖と善意とがぶつかり合ってついには大崩壊に至るさまが悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »