« ゲーム内でダメージを受けるたび、現実世界でも血液を失わせていく周辺機器が登場 | トップページ | フジミが多色成型で接着剤不要の1/700戦艦大和の発売を予定 »

2014/11/25

今日の読了本『もう年はとれない』

・ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』
『捕虜収容所でユダヤ人のあんたに親切とはいえなかったナチスの将校が生きているかもしれない──臨終の床にある戦友からそう告白された、87歳の元殺人課刑事バック・シャッツ。その将校が金の延べ棒を山ほど持っていたことが知られ、周囲がそれを狙ってどんどん騒がしくなっていき……。武器は357マグナムと痛烈な皮肉。最高に格好いい主人公を生み出した、鮮烈なデビュー作!』

 メンフィス警察殺人課の元刑事、87歳の老人バック・シャッツは、思うように動かない身体に鞭打ってかつて対決したナチス将校と彼が隠した金塊を追う。武器は長年の刑事経験と毒舌と愛用の357マグナム!
 これは己の認知症による妄想なのではないかと危惧しながらも事件を捜査する彼の前に次々と現れるトラブルまたトラブル!
 高齢化が問題になる現代社会に、新たなヒーローが颯爽登場!身体は弱々しいがタフで喰えない爺さんの物悲しくも痛快な後期高齢者ハードボイルド!

 鉄の腕は萎え、記憶もだいぶ怪しくなってきているけれど、それでも頑張って踏ん張る爺さんの活躍を描いたハードボイルド。ダーティーハリーが年をとるとこうなるのかしら?
 軽妙な会話が非常に楽しい一冊。

「ミスター・シャッツ。凶暴な連続殺人犯をどうやってやっつけたんですか?」
(中略)だが、わたしはテレビでたくさんのニュースを見ているから、彼女がなにを求めているのか察した。これは年齢によって衰えることを拒んだ勇敢な老人の物語だ。わたしに期待されているのは、精神の気高さを示すような、あるいは人々を鼓舞するような見識を視聴者に対して披露することだ。しかし、わたしは(中略)あまり勇敢な気分ではなかった。
 そこでこう言った。「357マグナムでやつの顔を撃った。それでたいていうまくいく」

|

« ゲーム内でダメージを受けるたび、現実世界でも血液を失わせていく周辺機器が登場 | トップページ | フジミが多色成型で接着剤不要の1/700戦艦大和の発売を予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/60718361

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『もう年はとれない』:

« ゲーム内でダメージを受けるたび、現実世界でも血液を失わせていく周辺機器が登場 | トップページ | フジミが多色成型で接着剤不要の1/700戦艦大和の発売を予定 »