« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014/12/31

今年のアニメ・コミック・特撮

 一月から、デビュー作でもある女霊幻道士の活躍を描いた清朝キョンシー活劇『グレイトフルデッド』と名作恐竜ハードボイルドアクション『ジャバウォッキー』が復刊したり、アニメ『ノブナガン』が放送開始したりする久正人祭りで始まった今年はすごい勢いで久正人の年でした。
 まさかの新連載、サバタとリリィの次の世代を描いた『ジャバウォッキー1914』の開始!
 伝説の『月ノ輪熊殺し屋』の雑誌掲載!
 そして『久正人短編集』の刊行決定!

 年初めに連載が始まって、今月完結した一文字蛍『ニンニクナックル』の、こちらに背を向けたまま全力でバックダッシュ突撃をかましてくるような、正々堂々とトリッキーな展開は素晴らしいデタラメっぷりでした。もう最高にヒドい(絶賛)

 ゴッサムシティの2線級ヒーローたちの活躍(?)を描いた異色のコミック『ヒットマン』や、大災害で崩壊したゴッサムシティに生きる人々の姿を描いた骨太のドラマ『バットマン ノーマンズ・ランド』。そしてマイク・ミニョーラの奇想が詰まった『驚異の螺子頭と興味深き物事の数々』。
 そんな本筋から大幅に外れたアメコミがついに翻訳!ありがたや!

 昨年はさんざんお世話になった東映公式配信ですが、今年はあまり見なかったな。『宇宙からのメッセージ 銀河大戦』と『兄弟拳バイクロッサー』くらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のゲーム

 今年もPC・コンシューマーゲームはあまり遊びませんでしたが、ニンテンドー3DSの潜水艦『STEELDIVER SUBWARS』はちまちまと継続的にプレイしています。伊401を青く塗ったりしながらな!

 電源無しのゲームでは、TRPG『艦これRPG』がこの手の原作付きゲームとしては例外的なほどに遊びやすく楽しいゲームになったのはうれしい誤算でした。

○今年プレイしたTRPG
艦隊これくしょん ―艦これRPG
トーキョーN◎VA THE AXLERATION
ナイトウィザード3rd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の映画

 昨年に引き続いてすっごい当たり年。文系スポコン映画『タイピスト!』に、誠実な作りの王道怪獣娯楽映画『ゴジラ』。心踊る宇宙探検『インターステラー』。戦争映画に新たな金字塔を打ち立てた『フューリー』。誰よりも優しいヒーローの物語『ベイマックス。』
 ちょっと落ちる作品はあっても、積極的にダメ出しをしなくちゃいけない作品はありませんでした。

 劇場ではありませんが、伝説のカルト映画『ロボット・モンスター』をついに見ることができました。割と面白かったよ。

・今年見た映画
タイピスト!
エージェント・ライアン
TIGER&BUNNY The Rising
ロボコップ
ホビット 竜に奪われた王国
キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー
アメイジング・スパイダーマン2
X-MEN:フューチャー&パスト
300 スリーハンドレッド 帝国の進撃
ゴジラ
超高速参勤交代
トランスフォーマー ロストエイジ
パトレイバー劇場版1&2(第3回福島シネマフェスティバル)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(二回)
猿の惑星 新世紀(ライジング)
インターステラー
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
フューリー
誰よりも狙われた男
愛犬とごちそう
ベイマックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の本

 今年は購入書籍における電子書籍の割合がかなり増えました。まあ、相当数積んでるんだけど。
 以前から気になっていたジャック・ヒギンズの『脱出航路』をやっと読むことができました。本当に素晴らしい「……そして、要すれば、結局これは昔からよくある物語」。一番好きなジャック・ヒギンズになりました。
 で、その絡みで勧められた『ルチアノの幸運』もやや短めですが中身の詰まった良作。正直、最初に主人公がラッキィ・ルチアーノと聞いた時はネタ系だと思ってた。
 土橋章宏『超高速!参勤交代』、簑輪諒『うつろ屋軍師』といったぼく好みの時代小説もありました。どちらもいわゆる時代小説には珍しいシナリオギミック重視の構造が印象的。
 高齢化時代の新感覚後期高齢者ハードボイルド、ダニエル・フリードマン『もう年はとれない』は今年の一押しミステリ。
 ミステリのジャンルではまだ読み終えてないけど、『その女アレックス』がかなりすごそうな気配。これはたしかにネタバレ厳禁だわ。
 ギレルモ・デル・トロの創作ノート『驚異の部屋』が書籍として販売されて、しかも日本語版も刊行!……これも濃度が濃すぎてまだ読み終えてないんですけどね。大事に読もう。
 ノンフィクションでは史上唯一の超音速水上ジェット戦闘機コンヴェア・シーダートをはじめとしたおもしろ航空機が満載の岡部ださく『世界の駄っ作機7』、ドイツの誇るポケット戦艦の戦闘を複数の視点から追いかけるダドリー・ホープ『ラプラタ沖海戦』あたりが面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンスクアッド2595 前編 少林寺瑞雲拳

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=111394
『海戦の最中、なぜか正史世界の1935年中国福建省へ転移してしまった日向・飛龍・龍穣。
一緒に巻き込まれたル級・タ級も元の世界へ帰る為休戦、共に元凶を倒す事を決めます!
しかし艤装を使えないと気付き拳法を学ぶ彼女達、そこへ『裏切り者がいる』と通信が!?
本格アクションと暗雲渦巻く陰謀劇は見応えバツグン』

 前作『航空戦艦 対 空とぶギロチン』の直接の続編。艦これで、戦前中国で、カンフーで、相変わらずの各種ネタ満載っぷりが素晴らしい。
 そしてまさかの◯◯の時代が!?ここで引きか!盛り上がり過ぎだろう!次巻マダー!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のニンニクナックル(最終回)

因 果 応 報 !
……色々な意味でギリギリ感あふれるいい最終回でありました。いや、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のクロスボーンガンダム・ゴースト

 シーブック・アノーとして戦い、キンケドゥ・ナウとしてパンを贈る。
 素晴らしいファンサービス回でした。無印第1話のあのセリフとかも出るしな!
 チョ~スゲェどすバイ!(ちがう、それじゃない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のエリア51

 時間を超えた大博打!ネモリ編完結。
 3時10分前から始まる円環がついに連結。みごとなシナリオギミックでありました。そうか、そうなるものだったのか!

 そして、今回の冒頭とラストを飾るあの二文字。それらを含めた様々な演出が綺麗なエピソードでした。
 あと、サンジェルマン伯爵が本当にいいキャラでさあ!あの人間の小ささが最高ですよ!(コップ酒を手にテーブルをバンバン叩きながら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/29

乗れるロボットが福袋に 京成百貨店で555万円5555円で販売

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/28/news021.html

 なかなかに強力なネタ力ですが、とはいえそれをわざわざ「福袋」に入れる必要はあったのかなぁ?とも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田空港で「ブルーインパルスお弁当パック」が発売

http://flyteam.jp/news/article/44662

 パッケージがパッケージだけに遠心力で中身が片寄ってそうなイメージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/28

今日の読了本『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!4』

・築地俊彦『艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!4』
 今回は少し時間が戻って、第一巻で第十四駆逐隊が編成される前、陽炎が呉鎮守府の所属だったころのお話。
 鎮守府祭を舞台に、後のチームメンバーたちの初対面や微妙なタイミングでのニアミスを描く第十四駆逐隊エピソード0。
 お祭りということで、これまでのシリーズではあまり触れられなかった駆逐艦以外の艦種の出番が多め。
 そして、今回影の主役としてクローズアップされるのが霞。ゲームではややキャラのかぶったところのある曙と霞の邂逅と激突。二人のキャラクターの違いをうまく書き分けたなぁと。
 次巻は駆逐艦最大の見せ場であるキス島が舞台ということで、第十四駆逐隊の活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット接続について

 諸事情(庭の松の木と一緒に光回線が物理的に切断された)で数日前から自宅PCが絶賛インターネット接続不能状態でしたが、明日あたりで復旧するとのこと。
 よかったよかった。この時期だけに年明けまで待たにゃならんかとヒヤヒヤしてましたよ。

<追記>
 つまらない理由でさらに一日延期。畜生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/27

今日の読了本『ドイツ国防軍情報部とカナリス提督』

・広田厚司『ドイツ国防軍情報部とカナリス提督―世界最大の情報組織を動かした反ヒトラー派の巨人』

 ドイツ国防軍情報部の長、カナリス提督の行動を軸に、第二次世界大戦のドイツとその同盟・敵対勢力内の各機関が行った諜報・防諜活動全体を広く扱った一冊。
 時系列に添って第二次世界大戦期ヨーロッパの諜報活動全体の流れを追いかけるものなので、やや広く浅めの内容ですが、それだけに初心者の入門用にはよい一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイマックス

公式サイト

 事故で兄を失った少年が、兄の残したロボットと友人たちに支えられて再び立ち上がり、そして天高く羽ばたくまでの物語。古き良きタツノコヒーローを思わせる良いヒーロー物語でした。
 併映のショートムービー『愛犬とごちそう』もシンプルながら密度の濃いストーリーで良い作品です。
……だがなスタン・リー、今回のあんたはやりすぎだ!しかも劇場内でウケてるのが俺一人という地獄の羞恥プレイまで発生したよこん畜生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/26

陸上自衛隊おせち

http://clionmarket.jp/?pid=84388147

 全体的にネタまみれなんだけど、特に三の重がひどい。コンセプトに忠実すぎてひどい。
 注文期限を過ぎてしまっているのがまったく残念です。

 深海魚おせちもいい感じにアタマが悪くて素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/24

プレデター2が大好きだった

http://nazolog.com/blog-entry-7907.html

 まさかのプレデター2怪談!……そういうのもあるのか。
 プレデター大好きなDVDプレイヤーの付喪神か。かわいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしは誰?

http://metro.co.uk/2014/12/22/barber-woke-up-from-coma-thinking-he-was-matthew-mcconaughey-and-speaking-french-4996165/

 色々な意味でおっかなくてやりきれない大事故だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/23

コトブキヤ Z-ナイト・マリンカイザー発売中止

http://www.kotobukiya.co.jp/information/information-30768/

 その頃、ブキヤのZ-ナイトシリーズ第二段のマリンカイザーは発売中止が決定していた。
 むう、やせっぽZナイトは回避したけど、こいつは太ましいスタイルが好みだったので買って積む予定だったんだけどな……。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアフィックス 中島九七式艦上攻撃機

http://www.airfix.com/catalog/product/view/id/8401/category/10/

 エアフィックスが新金型で1/72九七艦攻を発売するそうです。予想外に渋いチョイス。
 主翼の格納も再現しているようで、なかなかのクオリティ。
 ここで調子に乗って、零式水観とか瑞雲とかの水上機も出してくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際宇宙ステーション、地上から送ったデータと3Dプリンタで工具を作成

http://sign.jp/4dcafcfe

>今回作成されたのはソケットレンチ。設計及び試作は地上で行い、
>そのデータをメールで送信。ISSに設置されている3Dプリンタで作成する
>という流れでした。発案から設計データの完成・地上での試作までの
>期間は一週間弱、ISSでデータを受信してから完成されるまでに
>要した時間は4時間ほど

>可動部分を含めた全てのパーツを一度にプリントアウトでき、補助部品を
>必要とせず使用できるように設計された

 これはすごい!すでに一種の物質転送機になってきてますね3Dプリンタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/21

今日のコンベンション

 福楽会にてナイトウィザード3rdのセッションに参加。
 プレイしたのは上級ルールブック掲載のシナリオ「ラブソング探して」。公式シナリオなので多くは語りませんが、ギリギリのバランス作られた、バランスのいい「ひどいシナリオ」でした。最ッ高!

シナリオ:ラブソング探して
 今年も、ラブソングの季節がやって来た。
 ――何? それがいつかって?
 キミと出会ったその時さ!
 鳴り止まぬ青春の鼓動に身を任せ、少女は無垢な言葉を綴る。恋を歌う情熱が、声高らかに響き渡る。
 だが耳を澄ませよ、ウィザードたち。
 平穏なる世界の影で、邪悪を呼び覚ます声が、確かにする。
 その悪と戦えるのは、そう。ウィザードだけだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/20

カンバーバッチが演じるドラゴン「スマウグ」がインタビューに出演!

http://www.kotaku.jp/2014/12/smaug-collbertreport.html

>コルベア「映画の話に戻りましょう。今回の『決戦のゆくえ』は原作通りに
>作られてますか?」

>スマウグ「実はまだ読んでいないのだ。だからネタバレはしないでくれ」

>コルベア「なるほど。結末にはあなたも胸をうたれると思いますよ」

 このあざやか過ぎる切り替えしにこちらの胸も激しくうたれざるを得ない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恒例の「パイ早食い選手権」 ある若者の過ちで無効に

http://www.afpbb.com/articles/-/3034808

>毎年恒例のパイの早食い選手権が開催されたが、ある若者が犯した
>過ちのため、大会の無効が宣言されてしまった。

「参加者は皆、パイに向かって踏み出し、実に高いレベルのパイ食いのプロ意識を見せてくれた」

「こんなことになって残念だよ。あいつらは長時間の練習を何度もしてきたんだ。ウィガンでは街のあちこちで夜遅くまでパイ食いの練習をしているんだ。それを見れば彼らがどれほど真剣に取り組んでいるか分かるよ」

……パイ食いの練習……だと!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/19

世界最大クラスのワニが捕獲される

 パナマ運河で世界最大クラスのワニが捕獲されたそうです。
 なにこれカイジュウ!?

……さすが、白亜紀から恐竜とタメはってた最強爬虫類だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/18

酒田市長辞職勧告案、検討求める 市議会第3会派、他会派は同意せず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00000412-yamagata-l06

>咽頭腫瘍の手術で声帯を失い、機械を喉元に当てて電子音声で
>会話している酒田市の本間正巳市長に関し、市議会第3会派
>「市民の会」は16日の議会運営委員会で、市政への影響が
>懸念されるなどとし、本間市長の辞職勧告決議案を検討するよう
>求めた。

 ひどい言いがかりもあったものだ。

>「声が聞き取りづらい」との論旨で根拠が不明瞭なことから、他会派は
>同意せず、市議会として提案しないことを確認した。

 善哉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありえたかもしれない宇宙の旅

 宇宙船XL-5、スタートレック、サンダーバード、謎の円盤UFO、スターウォーズといったSF映画&ドラマに登場した宇宙船のボツデザインを動かしてみた動画。
 どれも悪いデザインではありませんが、なるほどこうして見比べると実際に採用されたデザインがいかに秀逸であるかがわかりますね。特にサンダーバード2号とミレニアムファルコン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立歴史民俗博物館 大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史

http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/

 人魚のミイラ! ピルトダウン人!さらには縄文人のイミテーションアクセサリーまで!
 ジュラ紀から現代までにわたる、 『ニセモノ』をテーマにした博覧会ですとな!?これはすごい!

……開催はチバシティか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/16

福島空港、「ウルトラマン空港」の愛称を検討

http://flyteam.jp/news/article/44097

>福島県は福島空港に「ウルトラマン空港」の愛称を付ける検討を
>進めています。

……やめとこうよ。
 「ウルトラ」な飛行場ってさ、206便が消滅したり、球好き怪獣ガラキングとかオイル怪獣ガビシェールが襲撃してきたりしそうじゃね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保存したけどタイトル付けるのに困った動物のgifアニメ

http://blog.livedoor.jp/netagazou_okiba/archives/8105467.html

 ああ、これは癒されるなぁ。
 かわいい系ではこれこれ、カッコイイ系ではこれがお気に入り。

……おまえはトムとジェリーか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラストレーター 水玉螢之丞先生ご逝去

http://togetter.com/li/758208

 広範なジャンルをすいすいと泳ぎながら、目に映るものを素直に楽しんでいくスタイルにオタクとして多くを学ばせていただきました。
 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/14

『007』新作が早くもピンチ!?撮影用の車両9台が盗難される!

http://news.walkerplus.com/article/53296/

>盗難にあった車両の中にはレンジローバー5台などの高級車が
>含まれており、被害総額は63万ポンド(約1億1700万円)にのぼるという。

 ジェームズ・ボンドの新たな敵は凄腕高級車窃盗団!?
 つまり007対60セカンズということか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイウェイで事故ってるタイファイター

……ああ、ドイツのアウトバーンはいざというときのために戦闘機が離着陸できる様になってるんだっけ
【二次大戦の頃のな】

 機体脇でパイロットたちがレスキュー待ちしてるけど、ぶちきれたアナキンにフォース吊りされる前に逃げとけトルーパー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式配信『兄弟拳バイクロッサー』

「でも兄さん、頭ごなしに正義の味方をやれと命令されるのは不愉快だよ」
「弟よ、あのすごいマシンで暴れてみたくはないか?」
「やろう」
「やろう」
 そういうことになった。

……そんなヒーロー誕生物語

 というわけで、「名前は知っているけど現物は見たことがないヒーロー」の80年台代表格がついに東映公式配信に登場!

 くっ(涙)
 いや、ぼくは本放送で見てたんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/13

今日の読了本『フルメタル・パニック!アナザー 9』『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 上』

・大黒尚人『フルメタル・パニック!アナザー 9』
 緊迫した状況で引いた前巻ですが、それを受けた今回は番外編の短編集。
 DOMS社が関わった映画撮影についての顛末、ユースフの里帰り、そしてアデリーナがDOMSにたどり着くまでの物語。

 今回のポイントはやはりイギリスの第三世代ASサイファー。第二世代随一の高機動を誇るサイクロン2の流れを汲む機体だけあって、そのコンセプトもやはり英国面的!ああ、やっぱりイギリスのASはイイ(恍惚とした表情)


・ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ『ニンジャスレイヤー キョート・ヘル・オン・アース 上(キョート殺伐都市 # 7)』
 まさかロードの罪罰罪罰が罪罰罪罰実は罪罰罪罰罪罰……。

 最後に収録されている番外編「ザ・ヴァーティゴVS地底科学世界」が、ネタっぽい導入やキャラクターでこっちの意識を誘導しておいて、真っ当に面白いアクション小説だった件。やるなぁピンクメンボ。
 そして、まさかあんな形で本編に関わるとは。

 ドラマCD付きを買ってきたのですが、これCDパッケージのデザインが卑怯だよ!一見ユーモラスで、それでいて物悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女猟奇譚 獣の告白

http://www.dmm.co.jp/dc/pcgame/-/detail/=/cid=next_0160/

 時は大正15年。舞台は震災の傷跡が残る帝都。
 黒髪の少女と銀髪の少女。没落した元令嬢となりあがった元娼婦。奇妙に対応する二人に秘められた秘密とは?
 情念の渦に呑み込まれていく男女の姿を、関東大震災後の帝都を舞台に淫靡且つ退廃的に描く。

 価格2,970円の廉価ゲームというか、選択肢がないのでデジタルノベルになるのかな。2~3時間ほどで読み終わる掌編。
 大変ぼく好みのゲームだったのですが、微妙に他人に紹介しにくいなコレ。ネタバレ的な意味で。
 予想もできない大転換!というわけではないけれど、「おお、こうもって来たか!」とニヤリとできる意外性のある展開が愉快。

_/_/_/_/_/_/


<以下ネタバレ>

続きを読む "少女猟奇譚 獣の告白"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/12

血界戦線 堕落王ステンレス製携帯ボトル

https://mekke.shueisha.co.jp/CGI/mekke/sp/shop/s_seq.cgi?code=4530430206308

 ステンレス製だから落としても平気ということですね、堕落王だけに。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/11

ロシア正教「冥王サウロンを復活させてはならない、彼の眼は災いをもたらす!」

http://news.2chblog.jp/archives/51812802.html

>「街の上にこのような悪の勝利のシンボルが置かれ、市内で
>一番高所にある物体同然となる。
>それは善か、悪か。おそらく悪だろう。後になってこの街に
>悪いことが起きても、驚くべきではない」

 おお、さすがは冥王さま。教会のお墨付きが出ましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガンダムビルドファイターズトライ 第10話 ガン☆コレ

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=4328

 HGライナー・チョマー仕様ザクレロとかHGバーザムとかアイドルグループ・スゴック(三代目)とかネタ満載だな!
 そしてあの人は更なる躍進を遂げたようで……。

 スゴックの存在が示すものは、ビルドファイターズ世界はガンプラビルダーズ世界と地続き設定ということでいいのかしら?それとも異世界の同位体?電撃HOBBYの連載でもあちらの登場人物が匿名で登場してたりしてたけど。

 そして次回「ニールセン・ラボ」。そっかまだニールセン姓なのか。あのお姫様のことだからとっくにヤシマ家に婿入りさせてると思ってた。

 そういえば、三代目スゴックの彼。あそこで飛び入り参加できたってことはあのターンAも持ち歩いてたってことよね。好感度アップ。
……そういえば、アプサラス持って地上げに来てた人もいましたよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/09

指揮棒が途中からライトセーバーに

http://amass.jp/49019/

 指揮者のおじいちゃんの楽しそうなことよ。
……そして、演奏者の皆さんの表情!事前に打ち合わせとかはあったんだろうけど、それにしても良くあれで噴き出しもせずに演奏できるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロも愛用、小説執筆支援ソフト 質問繰り出し発想促す

http://www.asahi.com/articles/ASGC95RP3GC9UCVL11G.html

 あんまり至れり尽くせりだと神林長平作品に登場する万能著述マシン「ワーカム」を連想せざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/08

ヒーローコスチュームパーカー

http://blistercomics.jp/?mode=cate&cbid=1267039&csid=0

 フードを被れば一瞬でヒーローになれる素敵デザインのパーカー。キャプテン・アメリカ、スパイダーマン、そしてデッドプールの三種類。何でデップー?
 いいデザインだなぁ。これを着て街に出かける勇気はないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/07

今日の読了本『うつろ屋軍師』

・簑輪諒『うつろ屋軍師』
『信長の家老にして「米のように欠かせぬ男」と言われた知将・丹羽長秀。
だが清洲会議で秀吉を支持し、越前・若狭・加賀123万石の大封を得たとき、丹羽家取り潰しの定めは決まってしまった!
長秀死後の4万石への大減封、家臣団離散の中での小田原出兵、そして、北陸の関ヶ原「浅井畷」における前田家100万石との死闘…。風前の灯火の丹羽家に残されたのは、家中も「空論屋」と呆れる新米家老・江口正吉と、城オタクで人の好い若殿・丹羽長重、そして、あまりにも大きすぎる「理想」だった!』

 秀吉の時代に123万石から僅か4万石に大減封され、関が原の後にはついに改易され領土を失いながらも、その後10万石の大名として返り咲いた丹羽家の戦いを描く歴史小説。
 生き残りの鍵を握るのは家中から「うつろ屋(空論家)」と呆れられる若き家老。いかにして戦国最大の敗者復活劇はなされたのか!?
 丹羽家家臣、江口三郎右衛門正吉の物語であると同時に、正吉から見た丹羽長秀、長重の二代記。
 丹羽長秀の死から、丹羽長重が大坂の陣で功績を挙げるまでの長い期間を描いた物語ですが、歴史小説としては珍しい、ギミックを重視した物語構造が印象的です。伏線の使い方が効果的。
 これがデビュー作ということもあって文章にちょっとこなれていないところがありますが、次回作以降が楽しみな作家さんです。

<追記>
 ああそうだ、これは言っておかなくちゃ。
 『うつろ屋軍師』のメインを張るのはマイナー大名と彼に仕えるドマイナー家臣ですが、彼らのことや戦国時代(厳密には安土桃山時代か)に詳しくなくてもまったく問題なく楽しめます。大丈夫、ぼくも読むまで知らなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち歩いて恥ずかしいファストフード店の紙袋第1位は「マクドナルド」

http://entabe.jp/news/article/1979

 ああ良かった。写真の巨大マクド袋はイベント用のネタアイテムか。袋いっぱいにハンバーガーを詰め込んでむさぼり喰らうアメリカンデブはいなかったんだね!
【どうかな?】

>なお、同調査の実施を依頼したのは、サブウェイだったそうだ。

……陰謀のにおいがする!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/06

ロシアのカラシニコフ社、経済制裁でファッション業界進出へ

http://www.afpbb.com/articles/-/3033361

 キティちゃんをあしらったAK-47を売ったりするんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/05

誰よりも狙われた男

公式サイト

 ジョン・ル・カレ原作のエスピオナージ。ものが諜報戦だけに感想を口にしにくいのだけど、とにかく情報量が豊富な構成で全編緊張感あふれる展開。
 これが最後の主演作となったフィリップ・シーモア・ホフマンの演技がすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/04

映画『ガガーリン 世界を変えた108分』予告編

 世界初の有人宇宙飛行を達成した男、ユーリ・ガガーリンの人生を描いたドラマ。地球帰還後の激変してしまった生活や、早すぎる死の理由についても扱うのかな?
 ちょっとリアル王立宇宙軍なテイストだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/02

アステカイザーが猪木BBYに参戦

http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20141201-1403543.html

>アントニオ猪木がプロデュースする「INOKI BOM-BA-YE2014」
>(日刊スポーツ新聞社後援)に、プロレスの星アステカイザーが、
>マスクマンとして出場する。

……なに言ってんだこいつ?と思ったらマジだった。なにやってんだこいつら!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖すぎる!森の中をサイクリングしていたら、巨大クマが全力で猛追

http://curazy.com/archives/53695

 倒木が道をふさいでいた時の圧倒的な絶望感。
 あれ、引っかかってたらアウトでしたよね。速やかに自転車を捨てる判断をしたのはGJでした。逃げ切れて本当に良かった。
 ぼくは自転車を捨てられないから、担いで乗り越えようとして追いつかれる組だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/01

「ノアの方舟」絵本の挿絵に大きな疑問…ライオンは子孫を残せない?

http://news.livedoor.com/article/detail/9526732/

 ライオンはすぐにわかったけど、そうかガゼルもそうなのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪快料理「倒れるブロッコリー」の平野レミさんが「倒れるレシピ・コンテスト」を開催

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/01/news094.html

>応募方法は「倒れそうで倒れない料理の写真(倒れた写真もあれば
>そちらも)」とレシピ、作成者の名前をメールで送ればOK。審査基準は
>「見た目が斬新で新しいこと」
>「食べるとちゃんと美味しいこと」
>「真似して作りたくなること」
>の3点

 ほう、面白そうだ。ちょっと何か考えてみよう。

>「あのね、立っているものはいつか何だって倒れるのよ。倒れることを
>恐れず、みんな挑戦してみてね~!」

 心が強いお人だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今月のクロスボーンガンダム

 パン屋のシーブックお父さん、鋼鉄の七人作戦から外されたことを実は気にしていたの巻。
……まさか本当にパイロットとして復帰するとは思わなかった。

 今回のエピソードで意外だったのは、フォントがシーブック・アノーの名前に無反応だったこと。20年前のトビアのころは歴史の教科書だか副読本だかに名前と顔写真付きで掲載されてた(「あなたの顔も知ってますよ!レジスタンスの若きガンダムパイロット……」)のだけど、さすがにコスモバビロニア建国騒動から30年もたつと忘れられるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »