« 昨日のTwitterログ | トップページ | 昨日のTwitterログ »

2015/05/28

ブラジル海軍、A-4スカイホークを近代改修 2025年まで運用可能

http://flyteam.jp/news/article/50413

 ブラジル海軍が運用しているA-4スカイホーク艦上攻撃機(1956年生産開始)をより長期の使用に耐えられるよう近代化改修しましたよという、一見問題なさそうで、その実ちょっとどうかしら?なお話。
 スカイホークはあと十年戦えるのだ!まだ使うの!?

>AF-1はもともとクウェート空軍が使用していたA-4KUスカイホークを、
>ブラジル海軍が1997年に購入したもので

……ほらもうここから話がおかしい。
 おまけに、この1991年の湾岸戦争に参加し生き抜いた中古スカイホークたちの母艦になっているのが、おフランス国から払い下げられたクレマンソー級空母(1963年就航)だというから……。
 まあ、わが国でもF-4ファントム戦闘機(1960年~)が現役なんだけどね。
 ちなみに、ブラジル空軍の主力はミラージュ2000で、近々これがサーブ・グリペンに切り替わります。こっちはまあそこそこの機体。

|

« 昨日のTwitterログ | トップページ | 昨日のTwitterログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/61661058

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル海軍、A-4スカイホークを近代改修 2025年まで運用可能:

« 昨日のTwitterログ | トップページ | 昨日のTwitterログ »