« 今日のコンベンション | トップページ | 昨日のTwitterログ »

2015/06/21

今日の読了本『街角の書店 18の奇妙な物語』

・フレドリック・ブラウン、シャーリイ・ジャクスン他『街角の書店 18の奇妙な物語』

 「〈奇妙な味〉と呼ばれるタイプの小説を中心にしたアンソロジー」……というだけあって、<奇妙な味>という緩やかなくくりだからこそ収録できるカテゴリー不明の作品も多くアンソロジーならではの楽しさを存分に味わえる一冊。18編の短編が、いずれも、趣向は異なっていても、独特で特異な余韻が味わえる。
 編者があとがきで語っているように、収録作の傾向がグラデーションのように変化していく配列になっていて、それがまた効果的に働いてる。「作品の選び方は大事だが、作品の並べ方はそれ以上に大事である」という編者の言には頷かざるを得ない。

|

« 今日のコンベンション | トップページ | 昨日のTwitterログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/61777001

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『街角の書店 18の奇妙な物語』:

« 今日のコンベンション | トップページ | 昨日のTwitterログ »