« 昨日のTwitterログ | トップページ | メキシコの干ばつで湖の底から400年前の教会の廃墟が姿を見せる »

2015/10/24

この後どうなる? 表面の一部がくっついた2連星発見

http://www.asahi.com/articles/ASHBR25H0HBRUHBI001.html

>二つの恒星が近づき、表面の一部が融合している珍しい2連星を
>発見したと、欧州南天天文台(ESO)が発表した。
>このまま融合が進むと、超高速で回転する一つの特殊な巨大天体になるか、
>二つの連なったブラックホールができる可能性があるという。

>中心部の距離は約1200万キロしか離れておらず、巨大な天体としては
>極めて近い。実際に二つの天体が融合する姿を確認できたわけではないが、
>位置関係や表面温度などから、一部が融合しているとみられるという。

 おお、これはすごい過剰接触連星だ!この距離でよく融合も崩壊もしてないな。

|

« 昨日のTwitterログ | トップページ | メキシコの干ばつで湖の底から400年前の教会の廃墟が姿を見せる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/62543179

この記事へのトラックバック一覧です: この後どうなる? 表面の一部がくっついた2連星発見:

« 昨日のTwitterログ | トップページ | メキシコの干ばつで湖の底から400年前の教会の廃墟が姿を見せる »