« ヒツジ脅威の擬態能力 | トップページ | 歴史群像12月号 »

2015/11/11

T・レックスのメニュー拝見、ときには共食いも

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/111000316/

>史上最大級の肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス)は
>何を食べていたのだろう? その答えは「食べたいものなら何でも」

>獲物を仕留め損ねた証拠も残っているため、T・レックスは死体を
>食べていただけでなく、生きた動物を追いかけていたようだ。

>肉も骨も丸のみしていたようだ。まず、力強い首の筋肉を使って
>頭を後方にのけぞらせ、くわえた肉や骨を空中に放り投げる。
>それを口でキャッチし、のどの奥へと運ぶ。これは「慣性摂食法」と
>呼ばれ、現代の鳥やワニも同じ方法で捕食している。

 よかった!腐肉漁りしかしないTレックスはいなかったんだ!これなら図鑑でおなじみトリケラトプスとの激突も起こりうるよね!
 次はその移動速度と運動性能の問題を明らかにしてください。

|

« ヒツジ脅威の擬態能力 | トップページ | 歴史群像12月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/62659293

この記事へのトラックバック一覧です: T・レックスのメニュー拝見、ときには共食いも:

« ヒツジ脅威の擬態能力 | トップページ | 歴史群像12月号 »