« 指揮者の視点から見たマルチマイク VS ワンポイントマイク | トップページ | ヴィットマン・インタビュー(英訳あり) »

2015/12/17

『インデペンデンス・デイ』続編、前作主人公死んでいた

http://www.cinematoday.jp/page/N0078929

 そろそろいろいろ情報が出てきた『インデペンデンス・デイ』続編についてのショッキングなニュース。
 前作主人公の一人、海兵隊パイロットのスティーブン・ヒラー大尉が物語開始時点ですでに死亡しているとのこと。

>ヒラー大尉は戦闘機の試用運転中、原因不明の誤作動が起こり死亡

……この死に方って、実は生きていてクライマックスに助けに来るんじゃねぇの?
 むしろ驚き度合いが大きいのは、

>ブラキッシュ・オークン博士役のブレント・スピナーが前作から続投。

 まさかのデータ少佐博士の生存の方が衝撃的だった件。マジかよ!?確かにあの前後のシーンで明確に死んだとは言われてなかったけどさ。


 あと、新作に合わせてID4の「1996年戦争」時の戦闘とその後の歴史をグラフィカルに解説したサイトが公開されています。
http://www.warof1996.com/

 当時、仲間内での議論で、劇中で報告される宇宙船のルートから推測される爆撃ルート上から外れているため被害が比較的少なく、かつ元々の戦闘力の高いスイス・スウェーデンあたりは戦後世界ではかなり強い立ち位置になるのではないかという話がでていました。
 実際に進路図を見ると、当時の予想以上に被害少ないな。特に北欧部分。

|

« 指揮者の視点から見たマルチマイク VS ワンポイントマイク | トップページ | ヴィットマン・インタビュー(英訳あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/62889986

この記事へのトラックバック一覧です: 『インデペンデンス・デイ』続編、前作主人公死んでいた:

« 指揮者の視点から見たマルチマイク VS ワンポイントマイク | トップページ | ヴィットマン・インタビュー(英訳あり) »