« なんや知らんが、 | トップページ | 戦車充填 »

2016/02/27

オデッセイ

公式サイト

見て見て! おっぱい!->(.Y.)

と、いうわけでやっと見ましたよ「冒険野郎マクガイバー、火星に置き去りになる!」こと映画版『火星の人』こと『オデッセイ』!
いやもう!名作サバイバル小説の映画化は、本当に誠実な、素晴らしいサバイバル映画でした。(原作厨としてのものを除けば)全く文句なしの出来です。

あ、やっぱりちょっと訂正。
映像的な見栄えを優先したんだろうけど、“あれ”の掘り出しのシーンはもうちょっと現物に近い地形を使ってほしかったな。
でも、それ以外はとにかくすごくイイ!特に映像のパワーに殺られた!と思ったのは最初の治療シーンの痛みと作物がダメになった時の絶望感と悲しさ。どっちも感情移入度がハンパじゃない。
……そして長期のダイエットで痩せ衰えたワトニーの痛々しい体型。

映像にしてもシナリオにしても、「小説」の「映画化」のための取捨選択がうまい。原作ファンを怒らせず、新規の人にも優しい絶妙のバランス。
原作小説で大いに盛り上がるスキャパレリ・クレーターへの冒険がカットされてちょっと残念だと思ったところに、原作以上に難易度を上げたランデブーミッションを持ってこられてやられました。

もちろん、あのシーンやこのシーンも見たかったというのはあるけど、それは円盤のボーナストラックに期待しよう。
ヨハンセンの家族との対話シーンとか撮ってると嬉しいな。

というわけで、映画版『火星の人』こと『オデッセイ』はいい映画だぞ!日本公開版タイトルだけは絶対に許さないけどな!

|

« なんや知らんが、 | トップページ | 戦車充填 »

コメント

>原作小説で大いに盛り上がるスキャパレリ・クレーターへの冒険がカットされてちょっと残念だと思ったところに

よく出来た映画であるのは間違いないんですが、後半の通信遮断~ローバー旅がカットされちゃったのはやっぱり残念ですよね。(火星暮らしの原因たる)火星嵐を知恵と経験でやり過ごすエピソードは欲しかったなあ。

投稿: エム | 2016/02/29 01:29

>(火星暮らしの原因たる)火星嵐を知恵と経験でやり過ごすエピソード
そうそうそれそれ。作中唯一のリベンジのチャンスですし。
あと、衛星軌道からの広域火星嵐のビジュアルも見たかった。

投稿: Johnny-T | 2016/06/28 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/63277004

この記事へのトラックバック一覧です: オデッセイ:

« なんや知らんが、 | トップページ | 戦車充填 »