« ロッキード・マーティン社が作った巨大サウンドシステム、音楽を聞くためではなくて… | トップページ | 竜巻による甚大な被害を伝えていたレポーターだったが、そのシュールな光景がツボに入り笑いが止まらず放送中断 »

2016/03/10

今日の読了本『サターン・デッドヒート』

・グラント・キャリン『サターン・デッドヒート』
土星系に異星人が残した謎のメッセージボックスとそれが示す何らかの「遺産」を巡るコロニーと地球の宝探しレース。一級品のハードSFで、中年男の成長物語で、最高の土星萌えSF。
こないだ『オデッセイ』を見ての流れで再読。物語の流れは全然違うけど、目の前の状況に対して手持ちでなんとかするところとか、主人公たちのスペースマン魂的なところとか、嫌な奴があまりいないところとかで連想したので。
……ところで、ジュニアとホワイティが覚えてた以上にラブラブだった件について。こんなにいちゃついてやがったか?もう結婚しちまえよ。

|

« ロッキード・マーティン社が作った巨大サウンドシステム、音楽を聞くためではなくて… | トップページ | 竜巻による甚大な被害を伝えていたレポーターだったが、そのシュールな光景がツボに入り笑いが止まらず放送中断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/63327418

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の読了本『サターン・デッドヒート』:

« ロッキード・マーティン社が作った巨大サウンドシステム、音楽を聞くためではなくて… | トップページ | 竜巻による甚大な被害を伝えていたレポーターだったが、そのシュールな光景がツボに入り笑いが止まらず放送中断 »