« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/31

ターザン

公式サイト

 暗黒大陸!未開の荒野!野蛮人!大ジャングル!ゴリラ!アニマルパワー!な古典ターザン映画のイメージと、野生と文明の2つの世界の間に生きる青年ジョン・クレイトン・グレイストークの物語をバランスよく配分して映画化してました。
 まあ、ソツなく作りすぎてちょっとダイナミックさに欠けるところがあるけれど、そこはまあ大目に見る。
 上映時間的にちょっとダイジェストなところがあったので円盤の未公開映像に期待。あるいはそれらを全部突っ込んだ特別篇として再編集したバージョンをおまけにつけてくれてもいいのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県立美術館『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』


 楽しみにしていたゴーリー展見てきました。うん、テーマを幅広く扱ったいい展示でした。
 そして原画の小ささに驚いた。あの書き込みっぷりだから書籍のサイズよりも大きく書いたものを縮小して本にしてるものだと思ってたら、ほぼ書籍そのままのサイズ!

 玄関ではうろんな客がお出迎え
Corly04umaqk2s8


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/07/28

アイザック・アシモフ著『鋼鉄都市』の映画化脚本をアキヴァ・ゴールズマンが担当!

http://beagle-voyage.com/movie-akiva-goldsman-caves-of-steel-fox-2016.html

 おおっ、映画化の話ちゃんと動いてたのか!続報が聞こえてこないからポシャったものだとばかり。

>鋼鉄製のドームのなかで人々が管理されて暮らす近未来を舞台に、
>宇宙人スペーサーとロボットによる歪んだ共存関係を描いている。

……まって。別に歪んでない。大事なことなのでもう一回言うが、その関係は別に歪んでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/27

『マウスガード』実写映画化

http://screenrant.com/mouse-guard-movie-gary-whitta-matt-reeves/

 おお、これは楽しみ!そして、パフォーマンスキャプチャー技術で表情が与えられたマウスガードたちの顔を見る日が待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームブックの元祖「火吹山の魔法使い」がターンベースRPGとして,Steamで8月にリリース予定。ゲームシーンが確認できるティザームービーも公開中

http://www.4gamer.net/games/350/G035096/20160726047/

……(楽しみと原理主義者の意地が入り混じった微妙な表情)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/25

世界初、4億5千万年前の隕石から作られた実際に作動する銃

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52221291.html

>この銃に使われているのは、およそ4億5千万年前に地球に衝突し、
>1830年代にアフリカのナミビアで発見されたギベオン隕石の欠片である。

 本文読んでびっくりした。製錬した隕鉄じゃなく隕石そのものを削り出して実用可能な銃を作り出すだと!?
……格好いいけど、うっかり落っことしたらベッキリと割れそうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/23

国務省会見中に記者が「ポケモンGO」

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160722-00000030-nnn-int

カービー報道官「…大事なことです…。ポケモンで遊んでいました?」
記者「いや、見ていただけです」

カービー報道官「『イスラム国』打倒のために有志連合と協力します。…捕まえた?」
記者「いいえ、電波があまり良くなくて」
カービー報道官「それは残念」

 プレイしてるじゃん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/20

ロジャー・ゼラズニイ『真世界アンバー』シリーズTVドラマ化

http://www.comicbookresources.com/article/kirkman-skybound-adapting-chronicles-of-amber-series-for-television

 マジで?見たーい!
 この機会に旧シリーズの再販、あるいは未訳の第二部を含めた十巻すべての新訳版とかでないかしら?読みたーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/19

『キャプテン・パワー』リブート計画進行中?

http://spinoff.comicbookresources.com/2016/07/18/captain-power-reboot-series-in-development-heading-to-sdcc/

時は、21世紀の後半。
地球は、戦争をするために作り出された機械軍団バイオ・ドレッドによって制圧された。
自らが作り出したメカニカル・サイボーグに人類は敗れ去った……

しかし、廃墟の中から立ちあがった勇者たちがいる。
人類最後の望みを担って、帝王ドレッドとその帝国を倒すために生まれ、訓練された未来戦士たち。
彼等に課された使命は、帝王ドレッドの手から人々を救い、地上に生命と平和を取り戻す事!
行け!未来戦士達よ!

 のちに『バビロン5』を製作するジョー・マイケル・ストラジンスキーが80年代に製作したアメリカ版スーパー戦隊!あのキャプテン・パワーがリブートですとな!?マジで?見たーい!!
 周りのみんなは裏番組の『北斗の拳』を見てたけど、ぼくはこのヒーローが大好きでしたよ。目から火が出るソロンレーザー!(おいそれ敵役)
 リブート自体楽しみだし、これを契機に全話収録のブルーレイボックスなど出してくれるとさらにうれしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/17

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=5235

雷鳴、閃光、天地揺るがす轟きを鳴り物に物語は幕を開ける。
晴天にあって、霹靂を聞くかのごとき驚天動地の幻想奇譚――。

 台湾の人形演劇『布袋劇』と虚淵玄のコラボによる新世代アナログアクション。やっと見ましたが、素晴らしいなこれは。あの派手な剣劇の動き全部アナログかよ!
 魅力的なキャラクターと気の利いた言い回しの格好良さはさすがの虚淵。これから丁々発止の剣劇の中でのやり取りが増えるかと思うとわくわくするわね。

「いやーそれがだな……この先で仏様が雨ざらしになってるもんだから、俺はその娘を手助けせにゃならん」
「なにを言っている!?」
「……俺に聞くなよ。ま、ともかくそういう成り行きなんだ」

 なんのかの言いながら雨傘一本の借りに縛られる主人公が良いね。

 まさか第2話にして幹部級が二人も負けるとは思わなかった。
「あと一歩手前で踏みとどまると思っていたが」
 手心を加えられたのかそれとも本当に力不足だったのか。幹部ちゃんポンコツカワイイな。

 そしてあの餅は勝手に持っていけと言い捨てた餅屋の安否が気になる。ショウ・フカンが律儀に銭を置いてったのを理由に因縁をつけられたりはしないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久正人『ある日石像公園で』

 ヤングマガジン誌に読み切り掲載。
 久正人らしい、頭おかしいコンセプトと劇薬すぎる材料と完璧な物語構成の高度な融合!世界の命運を委ねられた少年はなにを選択するのか。ページをめくるごとに危険度が倍増していく手に汗握るスリリングな物語でありました。相変わらず「久節には慣れた。そう思う貴方の予想を必ず裏切る」驚異のストーリーだな!
 第三章の主人公がすげぇ好き。

 あと、今週のヤンマガは巻末に掲載されてる読み切り、『憧れの先輩はロボでした』(へのえの)もたいへん良かった。タイトルそのまま実はロボット少女だった先輩とその後輩の交流の物語・
 端的に言うと「先輩は可愛い」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/16

シュペル・エタンダールがフランス海軍で最後の飛行

https://theaviationist.com/?p=39230?p=39230

 1982年のフォークランド紛争で大きな戦果を挙げたフランスの艦上攻撃機シュペル・エタンダールがフランス海軍での最後の飛行を13日に行ったとのことです。
 それにともなって製作された退役記念さよなら動画が大変格好いい。

・シュペル・エタンダール退役記念さよなら動画

 最後に後継機であるラファールだけが残るのが物悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/14

セガの『レンタヒーロー』映画化計画が進行中、25年前の名作がハリウッドデビュー

http://www.gamespark.jp/article/2016/07/12/67239.html

 レンタヒーローも悪くないけど、セガゲーをハリウッドで映画化するならバーニングレンジャーがいいなぁ。未来世界のレスキューチームの活躍はかなり画面映えするはず。
 巨大宇宙船内でのトレンチ・チェイスもあるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クエンティン・タランティーノ監督が生涯監督作品数は10本だと宣言

http://variety.com/2016/film/news/quentin-tarantino-hateful-eight-inglourious-basterds-jerusalem-1201812560/

……あと二本で引退……だと!?
 やめてくれよタランティーノ!それでなくても少ないんだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/13

「月が地球に写り込む」年に2回しか撮影できない貴重な写真をNASAが公開

http://news.livedoor.com/article/detail/11759257/

 とても貴重で、かつ素晴らしい写真だというのは重々承知しているのですが……ぶちまけた話、雑なコラージュにしか見えねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「呪文」や「魔術」の出品禁止、米イーベイがオークションの新規約

http://www.cnn.co.jp/tech/35020568.html

>「助言、呪文、呪い、呪術、魔術、魔法、祈り、魔法薬、ヒーリング療法」などの
>出品ができなくなる。さらに「霊視」「タロットカード占い」の項目も廃止する。

 なんという魔術師迫害!
……というか、これまでそういった品々が普通に出品されていたのかというところにまず驚きました。

>買い手のコメントも「イーベイで最高の呪術師」「呪文のあとの
>コミュニケーションが最高」「呪文を4つ買った。すごくお薦め」などの
>評価が多数ある。

……皆さんが楽しそうで何よりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

公式サイト

 『インデペンデンス・デイ』から20年。エイリアンが再び地球にやってくる!
 というわけで、20年ぶりの続編見ましたよ。良かった!スゲェ良かった!

 20年前の戦いでエイリアンテクノロジーを吸収し強力な戦力を手に入れた地球に進攻してきたのは大西洋を覆いつくすほど巨大なエイリアンシップ。その圧倒的な力に人類は再び叩きのめされる。……だが!
 前作の主人公の一人、ホイットモア大統領の伝説的スピーチと勝利のためにその身をささげたラッセル・ケイスの名も刻まれた戦没者慰霊碑から始まる新作はやはりツボを心得た素敵な映画でした。
 前作からの続投メンバーは彼ららしさを失わず、新登場のメンバーは新たな視点で世界を大きく広げていく。
 前作を意識した小ネタを随所に仕込みつつも、エンターテイメントに振り切った一本の映画として完結。前作未見でも問題なく楽しめるからみんな見よう!

 今回は吹き替え版で視聴しました。
 前作の大統領スピーチ(吹替も頑張ってるけど原語だと韻の踏ませ方とかテクニカル)を踏まえたスピーチがどこかにあると推測してたので、それを原語の言い回しで聞き比べたかったのだけど、3D版は吹き替え版しかなかったので仕方なく。でも今回は吹き替え版で良かったな。字幕版では拾ってもらえないであろうモブの会話が聞けたから。
 敵大型宇宙船との決死戦の前にロッカールーム話し合う主人公格……の後ろで交わされる
「これ、返すよ。ありがとう」
「いいよ。持ってろ」(前後聞き取れず)
 という会話のドラマ力の高さよ。彼らはあの戦いを生き残れただろうか?

 毎年7月4日に『インデペンデンス・デイ』を見てるマンとして断言すると、とにかく良かったんだよ『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』!


<ネタバレ>

続きを読む "インデペンデンス・デイ:リサージェンス"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/07/05

祝!探査機ジュノーが木星周回軌道に、偉業を解説「我々がこれまで挑戦したなかでもっとも困難なこと」とスタッフは歓喜

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070500252/

 NASAの木星探査機ジュノーが木星の強力な磁場とヴァン・アレン帯をいかにしてクリアして木星の衛星になったか。

>軌道への突入が計画通りに行われた結果、ジュノーはこれからの20カ月で
>木星の周回軌道を33周することになる(※捕捉軌道などを含めると計37周)。
>その間、放射線帯への突入と脱出を繰り返すことで、搭載機器は
>歯科用X線撮影を1億回受けるのと同等の放射線にさらされ、ダメージや
>劣化が引き起こされるのは避けられない。

 探査機界のクロスボーン・ガンダムが地獄の木星近傍でどこまでダメージに耐えられるか。それ自体もまた次の探査につながる重要なデータです。より長く持ちこたえられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/03

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=5127

 最終話 「君はまだ歌えるか」まで視聴終了。
 超人とそれを取り巻く世界の移り変わりの物語。目には映らなくても決して失われないもの。 良い物語でした。
 ゴジラとか仮面ライダーとか魔法少女とかといった個々のヒーロー種別ではなく、昭和ヒーロー史そのものをモチーフに持ってくるという着眼点が面白かった。アニメ本編で楽しみ、メタ的視点から分析して楽しむ。一粒で何度もおいしいアニメでした。ビバ超人!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アン・マキャフリー『パーンの竜騎士』シリーズ映画化!……か?

http://www.inquisitr.com/1389303/dragonriders-of-pern-movie-release-date-will-have-anne-mccaffreys-books-flying-to-the-big-screen/

 『パーンの竜騎士』シリーズは映画化する「かもしれない」というお話。
 これは途中でポシャらずに実現してほしい。見たい見たーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »