« 熊谷カズヒロ『契約刑事シンガー』 | トップページ | ステータス »

2016/08/11

長谷川裕一『クロスボーンガンダムDUST』第一話「灰とライオン」

 第一話から飛ばしてるな!子供の首を切ると言われて激怒する男アッシュ・キングのオリジンやMSの顔の「アンカー」のギミックを惜しげもなく出してきおった!
 これまで公式に語られたことのない時代だけに、世界がどう動くか想像もつかないし、その中で人々がどう動くのかなんて読みようがない。これまで以上に先の物語展開が楽しみ!

 新主人公MS「アンカー」。あの顔やF9X系っぽい手足から全くの無関係ではなかろうと思ってたけど、あの独特なコックピットハッチの展開はあの真っ二つになったゴーストの残骸をいじったからだったりするんだろうか?だといいな。
 アンカーといえば、表紙のバストアップで確認できる首元のメッシュ描写の理由が、技術が衰退したマッド宇宙世紀らしくてよいな。実にローテクおおざっぱ補修。

|

« 熊谷カズヒロ『契約刑事シンガー』 | トップページ | ステータス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/64045686

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川裕一『クロスボーンガンダムDUST』第一話「灰とライオン」:

« 熊谷カズヒロ『契約刑事シンガー』 | トップページ | ステータス »