« 時間を「スローダウン」させる額縁 | トップページ | 成体で歯失う恐竜の化石、鳥類がくちばしを持つ理由解明か »

2016/12/23

ダークマター存在せず? - 「エントロピック重力理論」と観測データが一致

http://news.mynavi.jp/news/2016/12/22/230/

 エントロピック重力理論は、2010年にアムステルダム大学の理論物理学者エリック・ヴァーリンデ教授が発表した重力についての新理論。重力とは「電磁気力」「強い力」「弱い力」と並ぶ自然の基本的な力ではなく、実は「見かけの現象」に過ぎないとする理論であり、発表当時、物議を醸した。この理論に立つと、宇宙の全質量・エネルギーの約27%を占めるとされる目に見えない未確認の重力源「暗黒物質(ダークマター)」を想定しなくても良くなる

 ブラウワー氏は「ダークマターを仮定しても銀河のまわりの重力分布は説明可能である」と指摘する。つまり、今回の研究によってダークマターの存在が直接否定されたわけではない。ただし、ダークマターによる説明では、実際の観測で得られたデータと合致するようにダークマターの質量を決める必要がある。つまり、理論と現実を一致させるための自由変数として、ダークマターの質量が使われている。一方、ヴァーリンデ理論はこうした自由変数を利用しておらず、理論から直接導出した予測値が実際の観測結果と一致するという強みがある。

 すごい!これが事実だったら物理学の世界を変えちゃう発見だ!

|

« 時間を「スローダウン」させる額縁 | トップページ | 成体で歯失う恐竜の化石、鳥類がくちばしを持つ理由解明か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/64665758

この記事へのトラックバック一覧です: ダークマター存在せず? - 「エントロピック重力理論」と観測データが一致:

« 時間を「スローダウン」させる額縁 | トップページ | 成体で歯失う恐竜の化石、鳥類がくちばしを持つ理由解明か »