« 2017年1月 | トップページ

2017/02/19

人間の手のようなハサミを持つロブスター、米マサチューセッツ州沖で捕獲

http://voices.nationalgeographic.com/2013/09/12/how-did-odd-lobster-get-six-claws/

 これ、海底の甲殻人類帝国が地上侵攻を開始する日も近いかもしれんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

ディック・ブルーナ死去

http://www.volkskrant.nl/boeken/dick-bruna-1927-2017-creeerde-met-nijntje-een-universum-waarin-geen-cynisme-of-kwaad-bestaat~a4463928/

 ミッフィーのシリーズで知られるディック・ブルーナ氏が亡くなられたとのこと。享年89歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月のネメシス誌『ジャバウォッキー1914』

 ジャンゴとターザンの、凄腕過ぎる二人の超人戦闘が滾る滾る!
 そして、ぐぐっ……と溜めたところで「野性解放!!」はズルすぎる!そこからの高速戦闘の駆け引きも含めて、二人とも本当に格好いいな!
……そしてジャンゴの言う「鍵」とは一体いかなる意味か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

 出張から帰ってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

『ダイ・ハード』シリーズ6作目『ダイ・ハード:イヤー・ワン(原題)』の製作が決定

http://ciatr.jp/topics/281415

>ジョン・マクレーンの若き日々を描くスピンオフ作品

>ブルース・ウィリスがジョン・マクレーン役で出演すると言われています。

 うん、多分『ヤング・インディ』の老インディみたいな、各話の冒頭で「あの時おれは~」みたいな導入をする役だよね?まさかかつらをつけて若き日のマクレーン役をしたりはしないよね?
……しないよね!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

サウスカロライナの空港で、80歳の女性が仕込み杖を持ち込もうとして止められる

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4211572/TSA-Womans-cane-concealed-sword-Myrtle-Beach-airport.html

……珍しくないんだ。

 ぼくもね、最初は「19世紀末にロンドンの一部で流行したっていうあれかしら!?それとも東洋系?」とか一人で盛り上がってたんですよ。でもね、気づいてしまったんだ……

 こんなこと気づきとうなかった!ロマンに浸っていたかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドント・ブリーズ

公式サイト

 三人組の強盗が盲目の老人の家に入ったら、老人は狂気の殺人マスィーンだったという、ヒドい版『暗くなるまで待って』みたいな話ですが、とにかく怖かった!!面白怖かった!!

 そして、終了後『ドクター・ストレンジ』を見るつもりだったけど、なんか雪がひどかったのでおとなしく撤退。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

マグニフィセント・セブン

公式サイト

「まだイケる」

 西部劇版『七人の侍』再び。
 弱き人々を守るために巨大な悪の軍勢に立ち向かう七人のアウトローがとにかく格好いいんだ!個性的なメンバーの華麗で派手で時には泥臭いガンアクション!時々弓とナイフとベアナックル!
 個性的なだけでなく、対立的ですらあるはぐれ者たち……黒人と白人、北軍と南軍、委任執行官と指名手配犯、グエロ(白人の別称)とメキシコ人、アラモ砦で殺された者の孫と殺した者の孫、インディアンハンターとインディアン……彼らが、そこを死に場所と覚悟して、“友”と死ぬならよしとして一歩も引かずに戦い続ける!
 
 旧作『荒野の七人』のリメイクではなく、『七人の侍』の西部劇版再翻案といった具合に舞台設定や展開を大きく変更。ただ一本の映画としてもすげぇ楽しめる映画ですが、ちょっとしたシーンに旧作『荒野の七人』のオマージュがちりばめられていて、それがとても効果的に使われているのが嬉しい。
 や、ぼくも旧作厨の自覚があるので、単品の映画として良作だとしてもそれを素直に楽しめるか不安だったんですが……そんな不安を吹き飛ばす良い映画でした。

「昔、サボテンに裸で抱きついた男がいてな。何でそんなことをしたのか、聞いてみたことがある」
「なんでだ」
「その時はそれがいいと思った」

 ああ、あと『マグニフィセント・セブン』、あのテーマ曲がかかるタイミングがかなり完璧に近い。正直泣いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/02

今月のクロスボーンガンダム・ダストとガンダムA

 遅ればせながらの今月のクロスボーンガンダム・ダスト読んだよ。
 ついに幽霊(ゴースト)が来た!再登場がこんなに早いとは思いもしなかった!!
 単行本の機体解説で装備の可能性が示唆されていた新装備、プロペラシールド(仮名)はこう来たか!ファントムの特性、航空機としてのデザイン、そしてガジェットとしての面白さを満たすいい装備だ。
 そして、旧シリーズでやったことがやったことだけに、各地で語り継がれる伝説的存在になっているゴーストガンダムに噴く。噴き上がる焔を纏う巨人だもんな。神話的存在だ。
……あの場で戦っているクレイン(旧名バイラリナ)をフォントはどう感じているんだろうなぁ。

 ジャックとの再会とか、想像しただけで泣きそう。


 あと、今月号の話とは関係ないけどジョニー・ライデンの帰還の思いつきメモ。
 アナハイムが数年後にアンチ・ニュータイプ機であるユニコーンガンダムを建造することと、現在「オールドタイプによるカウンターニュータイプ部隊」であった「キマイラ隊」の残党を囲っている事には関連があったりするんだろうか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/01

南極の海底で発見されたワーム

http://pikabu.ru/story/znakomstvo_s_antarkticheskoy_polikhetoy_4797501

 この外見!どう見ても陸上生活に対応する前のグラボイズ(トレマーズ)のご先祖様だ!おそらく海底の、そのまた地中深くにはより巨大な個体が潜んでいるに違いない!

 なんでもウロコムシの一種だそうで、危険を感じるとウロコをチャフのように囮として脱落させるため、完全な標本は存在しないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ