« サメが路上に打ち上げられる、サイクロンに見舞われた豪北東部 | トップページ | ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 »

2017/03/30

世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事

http://www.afpbb.com/articles/-/3123101

 すごいな、ここまで来たなら自由に動けるようになるまでもうちょっとじゃないかと思ったのだけど、

>とはいえ、テクノロジーには限界があり、コシャバーさんが自分の腕を
>制御するには腕をずっと見続けていなければならない。目を閉じていても
>自分の手足の動きや位置が分かる固有受容感覚と呼ばれる感知力が、
>まひのせいで失われているためだという。

 ああそうか。それはそうだよな。
 身体感覚の問題だと下半身不随の人がバランスをとるのもかなり難易度高いよなぁ。

|

« サメが路上に打ち上げられる、サイクロンに見舞われた豪北東部 | トップページ | ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/65087341

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事:

« サメが路上に打ち上げられる、サイクロンに見舞われた豪北東部 | トップページ | ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 »