« 世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事 | トップページ | 劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! »

2017/04/01

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男

公式サイト

 南北戦争真っ最中の1860年代、アメリカ南部ミシシッピ州ジョーンズ郡に白人と黒人が平等に生きる「ジョーンズ自由州」を設立した実在の白人男性ニュートン・ナイトの生涯と闘い。

 1860年代に始まるニュートン・ナイトとその仲間たちの戦いと、その約100年後の1948年に異人種間結婚の罪で有罪とされた彼の子孫の戦いを並行して描くのだけど、それらのウエイトが9対1くらいに離れてて、物語の構成としてはかなりバランスが良くない。
……のではあるけれど、そこからくる違和感、すわりの悪さ、が後半の理不尽な史実の描写にうまく適合していたように感じる。いやまあ、映画構成としては相当にダメなんだけど。

 あと、戦闘シーンはそんなにないんだけど、冒頭の戦闘はケッテンクラート症候群の南北戦争ファンにオススメ。

|

« 世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事 | トップページ | 劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/65125703

この記事へのトラックバック一覧です: ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男:

« 世界初 四肢まひ患者、脳に埋めた電極の信号で自ら食事 | トップページ | 劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! »