« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | 『デ・ハビランド モスキート』の技術資料の発見 »

2017/07/30

速水螺旋人『シベリアの魔弾(前編)』(月刊アクション9月号)

「ひと旗あげるのだけが目的でギラギラしてて、隣にいるのはどんな奴でもよくて、正直者はいないけど嘘つきもいないね」

 ロシア革命直後、混乱のシベリアで金鉱町に集まった有象無象どもと足抜け女郎のオーレンカ。
 一筋縄ではいかなそうな曲者たちが集まるこの混沌の“楽園”で何が起こるのか?後編が楽しみなシベリアン西部劇。
 人里にたどり着いて、一息ついて、食事より先に服を気にするお蓮さんはかわいいな。

……あと、二十六年式拳銃のモデルガンが欲しくなりました(エリア515話以来2回目)

|

« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | 『デ・ハビランド モスキート』の技術資料の発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63442/65601371

この記事へのトラックバック一覧です: 速水螺旋人『シベリアの魔弾(前編)』(月刊アクション9月号):

« ジョン・ウィック:チャプター2 | トップページ | 『デ・ハビランド モスキート』の技術資料の発見 »