« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/25

今日の映画『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』

 見た人間が「バーフバリ」としか呟かなくなると噂のインド産アクション映画『バーフバリ』二部作のセット上映を観てきました。

 なるほど皆が言うようにパワフルな物語でありました。苦難の数々を人間力と腕力でねじ伏せていく様はまさに偉大なる王の神話物語。バーフバリを讃えよ!
……まあ、先代があまりにもあまりにもレジェンドすぎて二世がスグルに対する万太郎感あるのはちょっとかわいそう。彼もひとかどの英傑なのに。三部作にしてエピソードを増やしても良かったのよ?


 従兄殿がいいキャラで好きでした。「そのような」人物に成長できたが故のあの形での退場は残念でしたが。仕方がない。途中までレジスタンス指導者の人が年をとった彼なんじゃないかと思ってた。

 あと、映画史に残るスライディング土下座のスタイリッシュさよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/22

日立建機、四脚クローラ方式を採用した双腕型コンセプトマシンを開発

https://www.hitachicm.com/global/jp/news-jpn/press/18-03-22j-2/

>このたび、建設機械の将来の可能性を示す、四脚クローラ方式を採用した
>双腕型コンセプトマシンを開発しました。

 すごいアニメメカ感!明日のレイバーは君だ!いろいろすっ飛ばしてガンヘッドとエアロボットまで進化してもいいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/16

アマゾンからNetflixまで──SF小説がネット配信で「ドラマ化のネタ元」として重宝されるワケ

https://wired.jp/2017/12/04/streaming-tv-sci-fi-gold-rush/

 ちょっと前の『高い城の男』と『SS-GB』が同じくらいの時期にドラマ化された時もちょっとした驚きでしたが、これはさらなるビックリ事態!リングワールドとタイタンの妖女と光の王がドラマ化予定ですとな!?これは見たいな。どれも見たいな。
 パペッティア人のデザインが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/14

英物理学者のスティーブン・ホーキング博士が死亡

http://www.bbc.com/news/uk-43396008

 ホーキング博士が亡くなられたのか。色々な意味でタフな、偉大な人物でありました。
……しかし、本当に長く持ちこたえられたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【2001年宇宙の旅】Amazon Alexa搭載の「HAL 9000レプリカ」登場

https://robotstart.info/2018/03/13/hal-9000-replica-with-amazon-alexa.html

 大丈夫?こいつ家電を操作してユーザーを殺そうとしない?本当に大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/10

ブラックパンサー

公式サイト

 俺の名は20世紀末に翻訳されたシリーズの収録エピソードの影響でブラックパンサーというと「ブラックパンサー (一人称)は~~する!」と事あるごとに自分のヒーローネームをアピールするけどみんなからはティチャラ(本名)としか呼んでもらえないマンというイメージが抜けないマン!
 でも、こないだの映画デビュー作のシビルウォーの時も「陛下」としか呼ばれてなかったよね。

 それはそれとして映画本編は21世紀のアフリカンヒーローらしいテーマの取り方。良くも悪くも。アクションとかハイテクガジェットとか見どころ一杯で面白かったです。
 ハイテクを突き詰めた結果超すごい剣と槍に収斂した内戦描写は面白かったでひらりマント(謎語尾)。ゴリラゴリラゴリラ。

 ところで、ブラックパンサー の話題になるといつもこの話で申し訳ないとは思うのだけど……本編中で明確にティチャラを指してブラックパンサーと呼んだのは「こんな弱っちいブラックパンサーがお前らの王か!?」と煽ったシーンだけで、あとはほぼ一般名詞としての「ブラックパンサー」 だった件について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/08

今日の読了本『妖姫のおとむらい』

・希(まれに)『妖姫のおとむらい』

 おかしな食欲を持つ青年と妖の女の子(?)の幻想グルメ旅行記。ときに静かに、ときに激しく、希テイスト溢れる雅文調で語られる、すぐ隣にある異界の物語。多彩な形容と美しい文体に酔わされる読む食テロ。
 魔法のバブルカー・イセッタが森を駆け抜け空を飛ぶシーンのテキストがとても良い。

 星継駅シリーズに登場する映画車両「ニューパライソ」もちょっとだけ出てくるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/04

南極の研究者たちは伝統でSFホラー映画『遊星からの物体X』を見る

https://www.gizmodo.jp/2018/03/south-pole-scientists-watch-the-thing.html

 なるほど、そうやって有事の際に謎の生命体もろとも仲間を燃やす覚悟を身につけるんですね。燃やすんだマクレディ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »