« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019/04/27

アベンジャーズ/エンドゲーム

 というわけでアベンジャーズ エンドゲーム終了。多くは語れませんが、2008年のアイアンマンに始まるMCUシリーズ10年の集大成にふさわしい見応えのある作品でした。正直、アイアンマン2の最後に謎のハンマーがデン!と出てきただけで「わーい、繋がってるー!」と作品間のリンクに盛り上がっていたころにはその小っちゃなリンクが本当に巨大なユニバースを形成できるとは思っていませんでしたよ。 

 全シリーズから多くのネタが取り込まれているので、物語を今度は俯瞰してもう一度見たい気持ちはあるけれど、しかし腰への負担が……。
……そうか、あれが噂に聞くエンドロールが文字だけになった瞬間トイレにダッシュして戻ってくるマンたちか。3時間という見応えのあり過ぎる上映時間は辛いよな。よく頑張った。

 

 

| | コメント (0)

2019/04/23

レイドバッカーズ

 サツバツファンタジー世界からこちらにやってきてしまった魔王&それを追い詰めた勇者パーティのドタバタ劇。女の子たち(含む犬)がカワイイ。
なので劇場売りのBlu-ray買いました。
 現代ファンタジー的に、袋入りの種を媒介にツルで敵を拘束したり、コンビニ売りの氷で攻撃魔法を発動したりする演出が良かったな。要所要所で補足されるとはいえ前後にも物語のあるTVアニメの3~4話目あたりのようなエピソードを最初にお出ししてくるVガンダムのようなアニメなので前後の物語にも触れたいものです。具体的に言うと1~2クールのTVアニメ化希望。とりあえずみんなでプールに行く話と福引で当てて温泉に行く話だけでもいいですから。

 

……劇場内に観客がぼく一人でポッピンQの時の悲しい思い出が頭をよぎったが、地震は起きなかった。よかった。

| | コメント (0)

2019/04/13

キャプテン・マーベル

 決して諦めない不屈の戦士の物語。ヒーローだから諦めないのではない、諦めないものがヒーローになるのだ!
 特別版のオープニングアニメーションから最後までそのまま観ても面白いし、小ネタも満載。
……断言できるとこまで確認できなかったんだけどもしかしてあれF-19だった?

 個人的にグッときたのは敵の最後の言葉が「お前には無理だ」だったこと。お前それ言っちゃう?それ言っちゃったらキャロルは必ずやり遂げるぜ!
 あとオープニングアニメーションのあれホントずるい。本編開始前に泣いちゃう。

 

 

| | コメント (0)

移動都市/モータルエンジン

 いや、良かったな!崩壊した遠未来の地球で展開されるポストアポカリプス・スチームパンク!圧倒的ヴィジュアル力!荒野を疾走する巨大都市をはじめとするガジェットのデザインが最高でした。

 ストーリーも古き良きSF冒険小説の味わいで素晴らしかった。おれ30年くらい前の小学生の頃に図書室で原作小説を読んだよ絶対!あかね書房だっけ岩崎書店だっけ?(原作は2001年発表で日本語版は東京創元社から発売)

| | コメント (0)

2019/04/12

ギルティ

『ギルティ』終了。誘拐された女性からの通報を受けた緊急通報センターのオペレーターがその場でできる手段で事件解決に挑むサスペンススリラー。
 とにかくテクニカルな映画。通報センターのオペレーター室をウロウロする一人のおじさんの顔だけを写した映画なのに緊張感がすごかった。構造がすごい。

| | コメント (0)

2019/04/01

バンブルビー

 80年代が舞台ということも含めてトランスフォーマーG1世代へのくすぐりが多い映画でした。全体にG1スタイルの形態で、あのスタイルのサウンドウェーブが胸からジャガーを呼び出したりするぞ!
 とはいえあそこで「The Touch」を流すのはずるいだろう!そういうとこ好き!

 今回見たのは字幕版だけど、“あの辺り”のシーンを自称バンブルビーのママな声優さんがどんな顔してどんな演技したのか少し気になります。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »