2017/11/14

佐藤明機『パラダイスバード・クロニクル』

 佐藤明機書き下ろしコミック!
 人類が入植した惑星で少女の姿のお婆ちゃんがすごす賑やかな“普通”の生活。
 いやもう!世界が!キャラが!ガジェットが!そしてもちろん建築物も! #佐藤明機 分がいっぱいで幸せすぎる!ネヅーム!
 物語に直接関係はしないけど前作に当たるパラダイスバードのメインメンバー達のその後の生活とかおっぱいサイズとかの情報も載ってるぞ!

 さらに、IKKI誌に読み切り掲載された『未来記』も収録されてますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

エリア51最終回(@バンチ9月号)

 おお、相棒(バディ)よ!最高の最終回でありました。探偵助手は最後の依頼を完遂し、そして……。
……そして、完璧すぎて言うことがない。いや、言いたいことはたくさんあるんだけど語彙力が追い付かないから素晴らしかったとしか言いようがテリジノサウルス(謎の語尾)
 「店」の客の中にゼウスもしれっと混じってたり、ランプの精が素晴らしい相棒っぷりを見せてくれたり、テリジノサウルスのキャラハーンさんが平和な世界の象徴であったり……そしてラストページの美しさ。何度も使われたマッコイのあの決め台詞を受けたひと言。何もかもが詰まったいいラストシーンでした

 未来のシーンで孫悟空の首が再生しているけれど、本来、11巻の十神会議のシーンでも軽く触れられている西遊記のエピソードでは首を切り飛ばした後、「伸びろ!」と叫ぶと胴体から頭が生えてくるレベルで簡単に生えてきます。なので、あえて頭を戻さないでそれなりに長い期間あの姿のままだったのは、あの事件で己の首が担ってしまった役割や主神としてのありようを見せたアマテラスへの敬意など、彼なりに何か思うところがあったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

キングコング、猿の惑星へ行く

https://www.newsarama.com/35875-king-kong-coming-to-planet-of-the-apes.html

 なにそれ超読みたい!コングと猿の軍団が協調するのか敵対するのか、どんな物語になるのかすげぇ気になる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

速水螺旋人『シベリアの魔弾(前編)』(月刊アクション9月号)

「ひと旗あげるのだけが目的でギラギラしてて、隣にいるのはどんな奴でもよくて、正直者はいないけど嘘つきもいないね」

 ロシア革命直後、混乱のシベリアで金鉱町に集まった有象無象どもと足抜け女郎のオーレンカ。
 一筋縄ではいかなそうな曲者たちが集まるこの混沌の“楽園”で何が起こるのか?後編が楽しみなシベリアン西部劇。
 人里にたどり着いて、一息ついて、食事より先に服を気にするお蓮さんはかわいいな。

……あと、二十六年式拳銃のモデルガンが欲しくなりました(エリア515話以来2回目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

エリア51最終回一話前(@バンチ8月号)

 最終回にはまだ一話ありますが、復讐者マッコイと三人の優しい相棒たちの戦いもついに終了。
 そのようになったあの先で、あの人たちとあの街はどうなったのか。最終回を読むのが楽しみであり、怖くもある。

 で、いろいろ思ったことを最終回掲載号の発売までにまとめたかったけど、グルグルしたままうまく言語化できなかったのでとりあえず箇条書きで垂れ流し。

<以下ネタバレ>

続きを読む "エリア51最終回一話前(@バンチ8月号)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/11

アダム・ウェスト氏、死去

http://www.hollywoodreporter.com/news/adam-west-dead-batman-star-832264

 TVドラマシリーズ『バットマン』で主役ブルース・ウェインをえんじたアダム・ウェスト氏が亡くなったとのこと。享年88歳。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台行ってきた

 というわけで昨日に続いて仙台に行ってきました。目的は喜久屋書店仙台店で行われた粟岳高弘サイン会。
 うん、サイン会とか初めてだからさ。すげぇ緊張した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/25

これがスイスの本気! 21世紀版実写「アルプスの少女ハイジ」が8月公開

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1705/19/news106.html

 これはすごくハイジだ!
 以前の実写ビッケに匹敵するリアルアニメっぷりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

一文字蛍『マクロスΔ外伝 マクロスE(エクストラ)』2巻

 『超時空要塞マクロス』シリーズ公式外伝コミック。
 大筋として、大変燃える話であり、長い歴史を持つ原作シリーズに対してのリスペクトも申し分なく、シリーズのファンに対するくすぐりも絶妙で、メカの格好良さは言うまでもない……のであるけれど、ようオフィシャルの認可が下りたなぁとも思う。

「見ててください 可変(かわ)った俺を!」

 いや、まっとうに良い物語ではあるのよ?主人公(行き過ぎたアイドルオタ)の負けても負けても立ち上がる魅力的な馬鹿っぷりがいい。
 ダメなアイドルおたくが暴走する第一話を見たときはどうなることかと思ったけれど、一見のおバカテクスチャと裏腹に中身はぎっしり詰まってるし、最後にはしっかり格好いいところを見せてくれるんだ。面白いので読もう『マクロスE』!

「超時空ピンポイントバリアァァァァァパァンチ!!」

 作品タイトル「マクロスエクストラ」が作中で高らかに宣言されるシーンと、超時空要塞マクロスとVF-171ナイトメアプラスの無差別級ステゴロ対戦が好き。
 あと、単行本書き下ろしのオマケ漫画が実にひどくてよいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

今月のエリア51

 あまりの衝撃から声も出なかった衝撃の先月号から早一か月、今月のエリア51読了。おお、復讐者マッコイよ、あまりにも鮮烈すぎる……。
 そして“弱い”キシローのたった一人の戦い。格好いいよな彼。そういうところが十分強いよな彼。そりゃあ、ケトルヘッドさんも手を差し伸べてるさ。

 そして、今月登場の長三つ編み“マッコイ”とウンディーネが可愛かった件。
 あと、592ページの立ち並ぶ敵たちの醸し出す圧倒的ツワモノ感!多分どいつもこいつも悪魔的に強い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧