2018/02/12

劇場版マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ

 ワルキューレが止まらない!
 ストーリーの大筋はTV版の再編集だけど、ハヤテ・フレイヤ。ミラージュ、カナメ・メッサー・アラド、ハインツ・キース・ロイドの各三角関係をほぼカップル固定にし、ワルキューレの超時空大暴れに集中した燃える編集でした!そうだ、俺はこういうのを観たかった!
 だがワリを食うかつてのヒロインの一角ミラージュ姉貴!TV本編でも大して配布されてなかったヒロインポイントをあらかたカナメさんに差し出して、あえて頼りになる兄貴分ポジションにとどまるミラージュ兄貴に敬礼。

 中盤にちょっとしたサプライズがあって、TV版でメッサーの命を奪った白騎士の一射を回避してそこから一矢を報いるという展開になっていて、10秒そこらの新カットだけど、それがあまりにも嬉しくてちょっと泣いた。

 あとメカ!VF-31(好き)のバトロイド(好き)がスーパーパック無し(大好き)で活躍する!というだけでもう嬉しくてたまらないのに、マクロスタイプがTV版の3倍登場して、戦って、ダイダロス・クロスカウンター!
 そして今回新登場のリペイントされたドラケンもいい。

 とにかく超時空良かった

 まあ、勢い重視で細かい整合性とか割と豪快に無視してるところがあるので、マクロスでそういうのが気になる人には向かないとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/23

今日の映画『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』

公式サイト

 見る前から絶対刺さるやつだと思ってたけど、ほらやっぱり刺さったー!こんなの感涙するしかないだろう!

 かつてのレジェンドヤンキー、今はただのチンピラ猿な孫悟空がかつての自分の伝説に憧れる少年とのふれあいの中で失われた己の力を取り戻し英雄となる。王道あるいはベタなやつだが、だからこそたまらない!
 敵も味方もモブの雑魚たちも、キャラクターがとてもいいのだ。個性の強いこいつらが賑やかに動き回って画面の情報量が多すぎるのにスッキリしてるのは素晴らしい画面構成力。
 印象的なキャラ、印象的なアクションだらけなその上で、さらに印象的で格好いい斉天大聖・孫悟空の姿よ!赤く長いマフラーをなびかせて戦うシーンがとても良い!ちょうカッコいい!(みるみる失われていく語彙力)

 そしてラストバトル後、呼びかけに振り向く斉天大聖の表情からエンドロール(ここのアニメも良い)に移る流れでもう死ぬ。その顔が映るのは一秒にも満たないシーンですが、印象に残る良い表情でした。あのしかめっ面で唸っていた男の、この、顔!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

今日の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』

●仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー
公式サイト

 原典の設定、伏線、台詞回し、歴代ライダーのキャラクターを生かしたクロスオーバー力が本当にこれが平ジェネ(いつもは割と雑)かと疑うレベルの高さを見せてくれるのがうれしい。
 そしてその丁寧に演出された客演ライダーたちを、「成り行きでライダーになってしまった」「ヒーローとして戦う理由のない」新人仮面ライダー万丈龍我/仮面ライダークローズという男と絡ませることで双方の魅力を引き出す効果的な構成が効く。

……ああ、オーズについてだって?悪いが今は完璧すぎる「いつかの明日」に泣くので忙しいんだ後にしてくれ。
 いやもう、本当に映司とアンクの再会をこんな形で見せてくれたことには感謝しかない。


●ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
公式サイト

 1995年のサラエボの紛争地域で海軍のはみ出しチームがナチスの残した金塊のちょろまかしを企む現代版『戦略大作戦』。ちょっとお金のかかったTVドラマシリーズ第1話、放送時間拡大版みたいな映画。
 バカ映画ってほどやりたい放題ではないけど、でもシリアスドラマでもない。派手なドンパチは冒頭だけだけど、さりとて本編が盛り上がらないわけでもない。80年代くらいのTVドラマシリーズの空気。
 他人に映画館で1800円を出せとは言いにくいけど、ぼくは嫌いじゃない。というか来週からドラマシリーズが始まるよと言われれば喜んで見る程度には好きだ。


●KUBO/クボ 二本の弦の秘密
公式サイト

 とても良い活劇でした。
 謎あり陰謀あり大活劇ありの日本昔話風ジャパネスクファンタジー。物語・伝承というテーマの扱いがとてもいい。瞬きするなら今のうちだ。
 ちょっと整理してからじゃないとネタバレが怖くて内容については喋れそうにないんだけど、とにかくとても良かった。
 あと、アタマおかしいレベルの人形劇だった。とてもアタマおかしいレベルの人形劇だった。クオリティ無茶しすぎだ!加減しろバカ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/15

久正人『カムヤライド』

 コミック乱ツインズ誌で始まった久正人の新連載。ニューヒーローは4世紀ヤマト時代の仮面ライダー!?敵はクモ男とクマソもん!第一話から緊縛もあるでよ!
 どうなるんだよこの古代!?次回が楽しみだ!

「芸術(わざすべ)は爆発(はぜたちぬ)!」


 あと、ぼくは迂闊マンなので次号から発売日と表紙をよく確認しないとコミック乱(無印)とツインズを間違って購入して悲しい思いをする事件が発生しそうだなぁと思うました。まだやってねぇよ!レジの前で気がついたのはノーカンだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/13

『スパイダーマン:スパイダーバース』映画化決定

 あのスパイダーマンのバリエーションなら何でもかんでも(菓子メーカーホステス社のコミック広告や一日二コマの新聞マンガまで)突っ込んだ大型クロスオーバーコミック『スパイダーバース』映像化ですとな!?スパイダーノワールとかスパイダーグウェンとかが動き回るのか!楽しみだ!
……それで、その……レオパルドンの方は……なぬっ『レディ・プレイヤー1』で活躍するから出なくてもいいだろうだって!?そんなわけあるかー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/10

今日の映画『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』

●ガールズ&パンツァー 最終章 第1話
……すげぇ剛力で殴りつけてきた。劇場版がシリアス寄りだったのですっかり忘れてましたが、基本的にバカなコンセプトのアニメであるということを思い出させてくれました。そしてそこで引っ張るのか―!

 彼女たちが戦いの先に求めるものが、大笑いであり、しかしながら「それ」のために一致団結して戦えるというのが尊い。


●ムーミン谷とウィンターワンダーランド
 『ムーミン谷の冬』パパとママも目が覚めちゃったバージョン終了。
 うん、何はともあれこの美術ですよ。雪ですよ。ジェットモグラのごとく雪中を突き進むママは最強なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/08

今日の映画『ジャスティスリーグ』『劇場版 Fate stay night Heavens Feel 』

●ジャスティスリーグ
公式サイト

 個性的なヒーローがたくさん出て、それぞれに見せ場があって、世界の危機で、アクションが沢山で、ドカーンと爆発するスカッとしたいい映画でした。
 まさかあのような形でスーパーマン復活するとは!
 そのためのこのようなシリーズ展開だったというのは理解できたけれど……しかし……。単品映画としては面白かったけれど、シリーズを俯瞰するとちょっとモニョる部分がありますね。『スーサイドスクワッド』の上映順とかさ。シリーズを売りたいがための売り方が、シリーズを楽しむための足かせになってる。


●劇場版 Fate stay night Heavens Feel
公式サイト

 そうか、桜ルートってこうだっけ。PC版以来なのでシナリオのアウトラインの記憶さえあやふやになってるので新鮮で面白かった。
 うんいや外道麻婆のシーンだけはしっかり記憶してたんだけどな。
 あとランサー兄貴の尻が妙に記憶に残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/14

佐藤明機『パラダイスバード・クロニクル』

 佐藤明機書き下ろしコミック!
 人類が入植した惑星で少女の姿のお婆ちゃんがすごす賑やかな“普通”の生活。
 いやもう!世界が!キャラが!ガジェットが!そしてもちろん建築物も! #佐藤明機 分がいっぱいで幸せすぎる!ネヅーム!
 物語に直接関係はしないけど前作に当たるパラダイスバードのメインメンバー達のその後の生活とかおっぱいサイズとかの情報も載ってるぞ!

 さらに、IKKI誌に読み切り掲載された『未来記』も収録されてますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

エリア51最終回(@バンチ9月号)

 おお、相棒(バディ)よ!最高の最終回でありました。探偵助手は最後の依頼を完遂し、そして……。
……そして、完璧すぎて言うことがない。いや、言いたいことはたくさんあるんだけど語彙力が追い付かないから素晴らしかったとしか言いようがテリジノサウルス(謎の語尾)
 「店」の客の中にゼウスもしれっと混じってたり、ランプの精が素晴らしい相棒っぷりを見せてくれたり、テリジノサウルスのキャラハーンさんが平和な世界の象徴であったり……そしてラストページの美しさ。何度も使われたマッコイのあの決め台詞を受けたひと言。何もかもが詰まったいいラストシーンでした

 未来のシーンで孫悟空の首が再生しているけれど、本来、11巻の十神会議のシーンでも軽く触れられている西遊記のエピソードでは首を切り飛ばした後、「伸びろ!」と叫ぶと胴体から頭が生えてくるレベルで簡単に生えてきます。なので、あえて頭を戻さないでそれなりに長い期間あの姿のままだったのは、あの事件で己の首が担ってしまった役割や主神としてのありようを見せたアマテラスへの敬意など、彼なりに何か思うところがあったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

キングコング、猿の惑星へ行く

https://www.newsarama.com/35875-king-kong-coming-to-planet-of-the-apes.html

 なにそれ超読みたい!コングと猿の軍団が協調するのか敵対するのか、どんな物語になるのかすげぇ気になる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧