2018/09/23

ザ・プレデター

 その場のノリで集結してしまったボンクラ腕利きソルジャーズVS公的機関VSプレデターのボンクラバトル!あまり脳みそを使わずに話が進むぞ!
 登場人物たちが、特にボンクラーズが、あとプレデターも、どいつもこいつもキャラがいいんだ!
=b (サムアップ)
 『ドラキュリアン』のフレッド・デッカー監督が脚本担当だと聞いてそういう方向性で期待してたら期待以上のオレ好み映画でした。
 映像のプレデタータイトルでは一番好きかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/01

アントマン&ワスプ

 今回も視聴者に10秒以上暗い顔はさせないアントマン節は健在でした(アベンジャーズとの共有部分以外)。大人数が入り乱れながらスッキリした物語構成が最高。メインの登場人物に邪悪なヴィランがいないのもまたよし。
 今回、敵も味方も回避能力特化みたいなところがあったのだけど、その上でのスタイル差を活かした活躍が面白い。

……そしてスコットの顔芸とルイスの話芸と注射。

 あの伏線台詞からしてアベ本編には過去に戻って状況をリカバーする形で関わるのかな?
 しかし、スコットのあの最強コミュニケーション能力があればトニーだけではどうにもならない状況を大きく改善することができるだろう。何しろ他人と友好的にコミュニケーションをとれるからな!アベンジャーズの誰もできないことよ!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/16

今日の映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』

〇劇場版 仮面ライダービルド Be The One/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film
 ルパパトはハーロック・ショームズ(エルロック・ショルメだよ)が出オチなのがちょっと残念だったけど、両レッドの呉越同舟とか

 ビルド映画、ビルド殲滅市民軍団が時間経過とともにヨロヨロゾンビ歩きになっていくのあれ熱中症なんじゃないかと不安になる夏。


〇僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~
 本編の半分以上を裸足で駆け抜けた映画オリジナルヒロインメリッサさんがとても良かったです。生脚。あと、メガネを外さなければもっと良かったと思いました(峰田並みの感想)

 1-Aのメンバーをなるべく活用しつつ、事件満載の本編と可能な限り矛盾しないタイミングを選びながら後の展開に悪影響を残さない。割と綱渡りをこなしながらもいいシナリオでした。
まあ、割りを食ったメンバーが出るのは仕方あるまい。だって人数多いもん!

 ルパパト、ビルドと続いて観たのでより印象的だったのがクライマックス戦闘の画面の作り方の綺麗さ。画面を高速で縦横に飛び回るのだけど、何をしているのかどう動いているのかがちゃんと認識できるし理解できる。
 アニメと特撮の違いをカウントに含めてもビルドはここがすげぇダメでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

パトリック・スチュワートが、『スター・トレック』の新シリーズでジャン=リュック・ピカード役に復帰!

https://deadline.com/2018/08/patrick-stewart-star-new-star-trek-series-jean-luc-picard-cbs-all-access-1202440156/

 『スター・トレック ネクストジェネレーション』とその劇場版シリーズで物語られたその先の時代の、ピカード元艦長の人生の新章を描く作品であるとのこと。楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/07/14

ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト

 前回の怪獣映画から今回は館ものホラーへ、ガラッとテイストを変えてきたわねー!
 そして……なんという竹本泉!!世界は『だいなあいらん』の時代へと突入した!次作は歌う恐竜使いの女の子が主役の学園コメディだな!

続きを読む "ジュラシック・ワールド/炎の王国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

今日の映画:ジュラシックワールド

 新作公開直前リバイバルのジュラシックワールド(無印)見てきました。やはりモササウルスは大画面が良いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/29

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

 スターウォーズの主役の一角、ハン・ソロの若き日を描いたスピンオフ。
 掃き溜めのような街を飛び出した少年は、ある時は軍を脱走し、ある時は列車強盗を企て金鉱を襲撃するついでに強制労働させられる黒人やインディアンを解放し、メキシコで反乱軍に手を貸す。良いスペース西部劇でありました

 スターウォーズで第一次世界大戦の西部戦線で西部劇でパンチョ・ヴィラで年を取るとハリソン・フォードなので、『ハン・ソロ』は実質的にインディ・ジョーンズ/若き日の大冒険なのは確定的に明らか(ボンクラの目)
 あとチューバッカ大暴れ映画!

 『ハン・ソロ』の何がいいって、久しぶりにヒーローの悪戦苦闘をただ楽しんでいい冒険活劇のスターウォーズなんですよね。『ローグワン』もスピンオフとして名作だけど、ハッピーエンドにはEP4が必要だった。
 しかし、こんなに普通に面白いのになんで本国では大コケしたんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

ランペイジ巨獣大乱闘

 いい怪獣コンビVS悪い怪獣コンビの超強力タッグマッチ!IQ低くて最高だった。

 定番といえば定番の「人類を守護する大怪獣」と「怪獣と心を通じた主人公」の構図でありながら、後者の枠にロック様を放り込んでしまったばっかりに力のゴリラ&技のゴリラ VS 凶悪怪獣コンビという構図になってしまっているのが実にロック様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

1998年ハリウッド版『GODZILLA』脚本家が当時を大反省 ― 「あれはゴジラじゃない」

https://theriver.jp/1998-godzilla-mistake/

『原子怪獣現わる』の現代版リメイクとしては良かったよ。
インタビューの「エメリッヒはゴジラにまったく思い入れがない」という部分になるほどと納得しつつ、その上で『原子怪獣?』寄りの部分がエメリッヒの「思い入れ」によるものだったりすると面白いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/01

デッドプール2

 歴史!改変!SF!
……実にデップーらしい大変素晴らしいクソ映画(称賛)でした。あとライアン・レイノルズの映画俳優としてのキャリアに対する偉大な挑戦。
 上映中しばしばクスクス笑いが聞こえてくるこの映画ですが、一番笑い声が大きかったのはEDの「グリーンランタン」のパートでした。公開初日にくるようなクソオタクどもはこれだからダメだな。
 色々な意味でクレバーに攻めてきてるバカ映画です。無茶苦茶緻密に計算して「適当な映画」を作ってる。バッカでー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧