2017/05/18

一人ブレードランナー

 アメリカのシンガー、ペトラ・ヘイデンが一人アカペラの多重録音で再現した『ブレードランナー』のオープニング。
 その驚異的な再現力はもちろん素晴らしいんだが……どうしてそんなことをやろうと思いついたんだろうなぁ。その発想力にも驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

BBCが原作準拠の『宇宙戦争』を製作予定!

https://www.theverge.com/2017/5/4/15551306/bbc-the-war-of-the-worlds-tv-series-peter-hartness

 これは素晴らしいぞ!
 H.M.S.サンダーチャイルド!H.M.S.サンダーチャイルドのトライポッドへの衝角攻撃の映像化を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

ペリー・ローダン・シリーズ新プロジェクト〈ローダンNEO〉刊行開始!

http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2017-04-27-173913.html

>全世界で累計発行部数10億部を超える、世界最長のSFシリーズ〈宇宙英雄ローダン〉。
>その50周年企画としてドイツで2011年にスタートしたリブート・シリーズ〈ローダンNEO〉をハヤカワ文庫SFから刊行します。
>第1巻『スターダスト』は2017年7月刊、以下、第1シーズン全8巻を2018年2月まで毎月刊行します。

 百巻ちょっとで挫折中のアタイでも新シリーズならついていけるかも!
【いや、すぐに積むね!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/20

今日の読了本『亡霊星域』『メックウォリアーRPGリプレイ集1~4』

・アン・レッキー『亡霊星域』
 今回も派手ではないが面白かった。一巻目ほどではないけれど、独特の一人称視点からくる読み味は健在。最終巻となる次巻でアソエク星系がどんな嵐に巻き込まれるのか楽しみだ。

・黒田 和人『魔弾の射手―メックウォリアーRPGリプレイ集』
       『エニウェアの嵐―メックウォリアーRPGリプレイ集』
       『虚像たちのワルツ―メックウォリアーRPGリプレイ集』
       『終末へのカウントダウン―メックウォリアーRPGリプレイ集』

 本棚の片付けのつもりがついうっかり『メックウォリアーRPGリプレイ』を読みふけってしまうの巻。アージェ隊長の『バトルテック』じゃなくサモンジ隊長の方ね。そのまま小説版に手をだしかけたところで正気に返った。
 やっぱ『メックウォリアー』遊びたいな。でもシステム的な重さがなぁ。とりあえず、コンベなんかで使えそうなルールサマリーとか作ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/19

'Stranger in a Strange Land' TV Series in the Works at Syfy

http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/stranger-a-strange-land-tv-series-works-at-syfy-947671

 おお!ハインラインの小説『異星の客』がTVドラマ化するとのこと。見たいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/04

'Starship Troopers' Reboot in the Works

 それでパワードs(後略)。
 いや、スタシトパ3の時のマローダー・ロボットはあの文脈での登場だからまだ許されてるけれど、またパワードスーツが登場しない、あるいはデザインがヒドいとかだと暴動が起こるわよ?ちゃんとしたPS出してよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/30

今日の読了本『彷徨える艦隊11 巡航戦艦レビヤタン』

・ジャック・キャンベル『彷徨える艦隊11 巡航戦艦レビヤタン』

 第二部最終巻読了。シリーズの(とりあえずの)終了にふさわしい一大クライマックス!陰謀、艦隊戦、大陰謀、大艦隊戦!
 黒い艦隊の秘密やダンサー族の謎の一端も明らかに。まさかあんなものがキーになるとは!
 100年の時間をかけて人類生存圏の端から端までを走り回るギアリー元帥の永く広大すぎる彷徨もこれでやっと一休み。お疲れ様でした。
……いや、作中時間でいつまで休めるか定かじゃありませんがね(気の毒なものを見る目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/29

キム・ニューマン『ドラキュラ紀元』のコミックス化決定!

http://www.bleedingcool.com/2016/10/28/titan-to-publish-comics-based-on-kim-newmans-anno-dracula-series/

 『吸血鬼ドラキュラ』の最終局面でヴァン・ヘルシングとその仲間たちがドラキュラの撃退に失敗し、その支配下に置かれた19世紀末イギリス。吸血鬼と人類が共存するロンドンを舞台に、謎の殺人鬼・切り裂きジャックを追って様々な人物がぶつかり合う。
 その特異な舞台設定と、吸血鬼ジャンル作品から手当たり次第にゲストを呼んでくる作風が多くのクリエイターに影響を与えた伝説の作品がコミカライズされるとのこと。アーティストはだれだろう。ジュヌヴィエーヴを可愛く書いてくれる人じゃなきゃいやよ?そして、日本語版出てくれるかしら?
 せっかくなので、この機会に原作シリーズ未訳分の翻訳(と既刊三冊の復刊)をお願いします東京創元社さま!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

『ワイルドカード』ドラマ化

「まだ死ねない。ジョルスン物語を観てないんだ」

 あの、“超人”が存在する戦後アメリカ史を描いたシェアードワールド小説ワイルドカード・シリーズがTVドラマ化すると作者の一人であるG・R・R・マーティンがツィート!
 うっは、ワイルドカードがドラマ化するとかマジで!?これもコンレボ効果ですか?すごく好きなシリーズなのでとても楽しみ&原作邦訳再開希望!

……ところで、18禁ヒーローのフォーチュネイトさんはドラマに出しても大丈夫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/31

ターザン

公式サイト

 暗黒大陸!未開の荒野!野蛮人!大ジャングル!ゴリラ!アニマルパワー!な古典ターザン映画のイメージと、野生と文明の2つの世界の間に生きる青年ジョン・クレイトン・グレイストークの物語をバランスよく配分して映画化してました。
 まあ、ソツなく作りすぎてちょっとダイナミックさに欠けるところがあるけれど、そこはまあ大目に見る。
 上映時間的にちょっとダイジェストなところがあったので円盤の未公開映像に期待。あるいはそれらを全部突っ込んだ特別篇として再編集したバージョンをおまけにつけてくれてもいいのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧